競馬が好きな管理人の予想日記

毎週重賞の全頭解説を更新中。日本で馬券が発売される海外競馬の予想も適時更新。最近の予想の基本軸は調教映像やレース映像から導き出す走法評価。その他展開予想も利用。ついに馬券解禁。今年(10-12月)を予算5000円で出来る限り増やすことが目標。夢は年間回収率150%。その他媒体はTwitterやInstagram(右下サイドバーからチェック)。YouTubeは今秋再開予定。 他の趣味は野球と乃木坂。

2022/10/2~凱旋門賞全頭解説~

こんばんは。

21:00には出すといって1時間以上遅れました💦

正当な理由がありまして…笑

オリックス、リーグ2連覇を成し遂げました!

まさか、まさかです。

昨日の時点で厳しかったですからもう衝撃です。

途中までソフトバンクリード、オリックスリード許すの状況でしたから、本当にびっくりです。

どのくらいびっくりかというと…

凱旋門賞で日本馬が勝つくらいでしょうか。

 

今年は新しく走法評価を取り入れて予想してきましたが、凱旋門賞でもやってきました。

正直ペース予想はできていないのですが、その馬の走り方の特徴から今日の馬場コンディション含めどのくらい適性がありそうなのかを分析してきました。

初めに前置きですが、絞ったとかいうレベルではないくらいに消してあります。

というかほぼ何も残っていません。

ギリギリ消されないでいる馬は何頭かいますが、しっかり打ったのは3頭。

絞って絞ってジャンダルムだけは当てた人間ですから、この3頭の中で1頭でも来てくれればという感じです。

 

馬券もほぼ決まっているので、直前にインスタに載せます。

パドック評価は多分できないですが、その投稿に気付いたことがあれば載せます。

 

それでは、長いので早速参ります。

 

                                  

 

凱旋門賞全頭解説

今回は馬番で表記してあります。

 

①ミシュリフ

消し。

追込。
走り方を見る限りだと、重や不良は向いていない印象。
また、坂もあまり得意としていない印象。
高低差の大きいロンシャン競馬場で2400がギリギリの本馬ではスタミナ切れの心配大。
アスコットのキングジョージ3着はスタミナを示したように思えるも、1着と1.7差ではスタミナがないと考えるのが妥当。
買いづらい。

 

②トルカータータッソ

印を打ちました。

先行。
走り方から考えれば高低差のあるコースが得意で、道悪も苦にしない馬という印象。
昨年の勝利が示す通り、変わらず走ってくると考えるのが賢明。
前走のバーデン大賞では敗れはしたものの、0.0差の僅差負け。
昨年と違うのはデットーリ騎手への乗り替わり。
若干気になる部分ではあるが、馬の実力はメンバーの中でも一枚上手。

 

③マレオーストラリス

消し。

先行。
道悪は悪くないですし、坂も対応できる走りですが…
スタミナ面に若干不安。
前走も前半は中々うまく運べず、終始かかり気味のように映った。
シャンティイ大賞で負かした馬は悪くないのですが…
ペリエ騎手がこちらに乗らないということはそういうことなのかなという感じ。
休み明けで勝ったことがないのも不安点の一つ。

 

④シリウェイ

印を打ちました。

追込。
道悪はある程度対応可能で、高低差は得意そうな馬。
ムラ馬で扱いが難しいですが、過去3回10月に使ってGⅠ2勝&凱旋門賞5着。
この時期があっているのかもしれません。
重馬場になればチャンスが出て来るかなという馬です。
ペースも流れると思いますから、変に中団にいるよりかは後ろでじっくりの方がハマるかもしれません。
2走前は逃げていたようですが、悉く失敗しているので戻して自分の競馬に徹して欲しいです。
昨年5着にしては人気がないので注目です。

馬券を買うならこの馬です。

 

⑤アレンカー

消し。

先行。
重馬場よりかは良馬場の方が向きそう。
メインが2000付近なので今回重馬場になると相当厳しそう。
前走の失速度合いもものすごい。
2走連続ビリ付近では厳しいといわざるを得ない。

 

⑥ディープボンド

日本馬特例。

先行。
昨年は見事に向こうの競馬をして大敗。
今年は騎乗経験はないものの、ディープボンドがどんな馬なのか頭に入っている川田騎手なので無理してでも前目につけていくと読んでいます。
昨年後方からの勝負でキレ負けしてビリに。
現役屈指にズブい馬ですから、正直フォルスストレートから押してもいいのではという感じです。
スタミナはタイトルホルダーに引けを取らないくらいある馬ですから、先行して貯金を作っておけばある程度そのリードを保てると思います。
昨年の大敗を見ると難しいのかなとは思いますが、先行策で前につければチャンスがないことはないかなと思っています。

 

⑦ブルーム

消し。

先行。
良馬場が良い馬。高低差のキツイコースはあまり合わないかなと思います。
軽くはならなさそうな今年の凱旋門賞では厳しい印象です。
また、前走前々走ははっきりと出遅れていて癖になっている可能性があります。
もろもろを考えると買える要素が0に近い気がします。

 

⑧ステイフーリッシュ

日本馬特例。

逃げ。
向こうの重い馬場もこなせる走り方に見えますが、やはり重馬場くらいになると少し厳しいかもしれません。
中山は全てのレースで掲示板を外さない走りをしているので、坂を苦にするところはなさそうです。(高低差で言えば中山の比ではないですが…)
前走も初戦としてはいいレースが出来たと思います。
海外は合っているように思えますね。
一番の注目ポイントはやはり位置取りです。
タイトルホルダーとのハナ争いかなと思っていますが、向こうの10番枠に対してこちらは20番枠。
そういった点を考えるとハナは獲りづらいです。
もしかすると昨年のクロノジェネシスのように大外をずっと走って前に迫っていくのかなとも考えています。
いずれにせよ、タイトルホルダーと並んでレースを引っ張る存在なのではと思っています。
勝ちは難しいかもしれませんが、向こうの人気よりは走ってくるものと思われます。

 

⑨モスターダフ

消し。

先行。
走法どうこうよりも、単純に能力に疑問。
今回がG12回目。
G2でも2着までとここは厳しい印象。
距離は合っていると思いますが…

 

⑩メンドシーノ

消し。

追込。
前走はトルカータータッソに勝利も、伏兵という感じで相手にされなかったことが功を奏した印象。
前3頭が争っている中後ろで控えての差しきりでした。
坂はない方がいい感じで、関係ない話ですが日本に来たら面白い感じも受けました。
良馬場がいいタイプで渋ると厳しいかもしれません。

 

⑪タイトルホルダー

印を打ちました。

逃げ。
荒れ馬場への対応は以前の解説でOKを出しました。
また、阪神で結果を出していることから坂も苦しくはないと思います。
ただ個人的にはエフフォーリアの方がヨーロッパ適性があると見ているのでそれに比べると芝は合う方ではないかも。
ただ、タイトルホルダーが勝つ可能性は大いにあると見ています。
まずはその脚質。
個人的に後ろから控える欧州型の競馬でまともに渡り合うのは厳しいと思います。
ただでさえ合わない芝で同じ条件でかけっこをすれば負けるのは当然です。
そのため、合わない条件でレースするにはとにかく「自分の競馬」をすることが大切だと思っています。
欧州の固定概念にとらわれずビュンビュン飛ばしていく。
切れ味勝負では厳しいものの、前もって直線に入るまで10馬身離しておけば追い付かれない可能性もあります。
そこをぜひ狙ってほしいです。
2つ目はタイトルホルダーの万能性。
一見長距離馬というとスピードよりはスタミナのイメージですが、彼はテンの速さも持っています。
1000m1.00.5で春天を逃げ切るスタミナも宝塚記念をレコードで走れるスピードもあるというのが大きいですね。
能力的には最上位ですから、走る可能性は十分にあります。
欧州競馬をぶち壊して自分の競馬を貫けば勝利は近いと思います。

 

⑫バブルギフト

消し。

先行。
重馬場は得意そう。坂も対応可能な馬。
問題は実力。
昨年の凱旋門賞で8着。今回もそこまで条件が変わらないだけに上積みが望めるのかどうか。
フォワ賞でこれだと厳しい気が致します。

 

⑬グランドグローリー

消し。

追込。
坂は普通。良馬場の方がいい。
JCで5着になるような馬ですから、堅い馬場の方が向くはずです。
高低差のあるコースも苦手そうです。

 

⑭アルピニスタ

消し。

先行。
坂はあまり得意ではなさそう。重馬場も苦手な感じ。
今まで重馬場でG1を走ったことがないのが大きなカギになりそうです。
実績は確かにありますが、堅い馬場での実績ばかり。
今回パワーが必要な馬場になってどうなってくるか。
3番人気なら思い切って切ってしまおうかと思います。
キケンな人気馬に挙げさせていただきます。

 

⑮ヴァデニ

抑え。

差し。
坂のあるコースは非常に得意そう。
ただ、道悪はそこまで得意な感じではなさそうです。
前走は走りづらそうにしていたので、もしかすると左回りが良くないか。
右に戻って良化する部分はありそうです。
ただ、未知数の2400ということでその点は不安。

 

⑯アルハキーム

抑え。

差し。
道悪は得意そう。パワーもあって坂は大丈夫そうか。
ダービーではヴァデニに負けてしまったが、位置取りの差が大きかったように思える。
向こうで人気なのは若干謎だが、距離さえ克服できればという感じ。
正直この人気で妥当な印象。

 

オネスト

抑え。

追込。
坂はそこまで悪くなさそうだが、道悪はあんまり。
同舞台のパリ大賞典を勝っているのは大きいですが…
フランスダービーでの負けを考えると重馬場はイマイチ。
どうやら合田さんの本命で人気が上がっているようですが、重馬場であることを考えてここは微妙。

 

⑱ウエストオーバー

抑え。

逃げ~先行。
坂は得意そうで、道悪も良い。
ただ気になるのは前走の負け。
早々に一杯になってしまいました。
ただこれは使い詰めを重ねた結果と思っていますので、休み明けでチャンスはありそうです。
タイトルホルダーやステイフーリッシュの後ろで控える形が取れれば好走が見えてきそうです。

 

⑲ドウデュース

抑え。

先行~差し。
馬場は問わない。折り合いは普通。首使いはいい。(東京優駿
ピッチストライドでコースは器用とずっと言ってきました。
やはり重い馬場状態は厳しいものですが、残りはスタミナの問題と見ています。
前走のような後ろの位置だと厳しいかもしれませんが、ある程度中団からの王道競馬でもチャンスはあると思います。
前走が太すぎて話にならなかった分、今回は仕上げているものと思います。
馬体を見ないと何とも言えないですが、絞れていれば向こうの人が思っている以上にチャンスはあると思います。

 

ルクセンブルク

消し。

追込。
坂はあまり得意ではなさそう。
前走は重手の勝利でしたが、正直重がいいタイプではないように思えます。
また、初の2400という不安もあります。
ロンシャンは正直…という感じも致します。
この人気なら思い切って切っちゃってもいいんではないでしょうか。

 

 

あとがき

強引に印をつけるなら

◎トルカータータッソ

〇タイトルホルダー

▲シリウェイ

  • ヴァデニ
  • アルハキーム
  • オネスト
  • エストオーバー
  • ドウデュース
  • (ディープボンド)
  • (ステイフーリッシュ)

という感じです。

ただ、実際に購入するのは限度額もあるので、シリウェイの複勝1点か、ウエストオーバーの2点。

俺プロでは馬連フォーメで行こうと思います。

 

勢いに乗って仕留めます。

失礼します。