競馬が好きな管理人の予想日記

毎週重賞の全頭解説を更新中。日本で馬券が発売される海外競馬の予想も適時更新。最近の予想の基本軸は調教映像やレース映像から導き出す走法評価。その他展開予想も利用。管理人は二十未満なので馬券は俺プロで挑戦。年間回収率150%が夢。その他媒体はTwitterやInstagram(右下サイドバーからチェック)。YouTubeは今秋再開予定。 他の趣味は野球と乃木坂。

2022/3/6~弥生賞ディープインパクト記念全頭解説~

こんにちは。

 

昨日のチューリップ賞オーシャンSは残念な結果に終わりました…

ピンハイは読めませんでした…

血統面で考えることはできなくはなかったですし、1枠も良いですので全くもって買えないという馬ではなかったのですが、それ以上に買える要素がありませんでした。

また、オーシャンSはナランフレグを切りましたが来てしまいました。

ペースも向いてさすがに充実期でした。

他の馬の見立てはバッチリだったのですが…

 

さて、今日は弥生賞です。

しかし、今回の弥生賞は難しいですね。

中々絞れませんでした。

変わりに追い風データを使って絞っていくことにしました。

この方法にすると相当絞れてしまい結構な勝負になりますが、手広く買ってガミるよりかはましだと思ってやっていきます。

 

それでは、早速参ります。

 

                                  

 

弥生賞ディープインパクト記念

注目データ

あまり今年は使えないですが、一応データを紹介しておきます。

です。

これはほぼ使えないです。

該当馬はアケルナルスターとロジハービンですが、正直どちらも消す気になりません。

ですので、来年以降活用していただければと思います。笑

 

全頭解説

ジャスティンロック

紐です。(ほとんどの馬が紐なのでこれ以降紐には「紐です」と書きません。)

最内枠の成績が悪いので上位の印は避けました。

中山未経験なところも怖いですし、展開も向く方ではないかなと思います。

前走スローながら差しきった点は評価できますが、外差し馬場でしたし好走は必然だったかなと思います。

相手のレベルもグッと上がるので、上位進出できるかは甚だ疑問です。

 

②メイショウゲキリン

消しです。

前走はスローで展開が向きました。

今回は前走ほど向かないと思いますし、不安定な要素も多くこの相手では厳しいと感じました。

 

リューベック

消しです。

こちらも逃げ馬。

前走のレベルもさほど高くなく、ここではどうなのかなという印象。

展開も向いて必然の勝利。

今回は厳しいです。

パドック次第では一考ですが。

 

アケルナルスター

消しデータがありますが…

スローの瞬発勝負になれば。

菅原騎手に乗り替わりますし、一変の見込みもあります。

 

マテンロウレオ

前走は差しきり勝ち。

ただ、馬場荒れもあって基本的には外差し馬場。

個人的にはもっと離すかと思っていたので案外。

ただホープフルでは0.5差ですし、もちろん権利は欲しいでしょうから注意は必要です。

 

⑥ボーンディスウェイ

この馬も先行馬。

前走は決して展開向かないながらも掲示板。

とても評価できると思います。

中山2000での実績も多いですし、人気はなさすぎる方だと思います。

権利取りも必死にしてくるでしょうから仕上げが良ければ注意。

 

⑦ドウデュース

本命です。

武騎手で勝ちたいという思いの強いキーファーズの馬が前哨仕上げで手を抜いてくるとは思えません。

また、スローペースの差し脚勝負になるのであれば1600もこなせるこの馬には有利に働くはず。

じっと待ってはじけさせれば着は外さないでしょう。

ここでドウデュース追い風データを発表します。

  • 無敗の3連勝&乗り替わりでない馬は2003年以降全部着内
  • 1800以上を走った経験のある朝日杯勝ち馬は来る
  • 阪神開催になってから朝日杯で連対した馬は着内率100%

です。

2つめは例外としてアイネスフウジンサクラホクトオーがいますがどちらも不良開催の弥生賞でした。

これだけ揃って負けるほうが不思議です。

呪いさえなければ。

 

⑧ラーグルフ

前走ホープフル3着にしては人気がなさすぎです。

中山2000の勝鞍もありますし、十分通用すると思います。

少なくともマテンロウレオより人気がないのはおかしいです。

 

⑨インダストリア

正直嫌っています。

ただ、終いの脚は良いものがありますし、昨年のシュネルマイスターの件も考えると侮れません。

1800でも勝っていますし、悪くないと思います。

 

⑩アスクビクターモア

対抗です。

正直何が強いの?と思っていたのですが、この馬を入れざるを得なくなりました。

ディープ産駒はこの馬ただ1頭ですからこの馬が馬券に絡むことになります。

一回だけズルみたいなのがありますが、実質同じです。

ディープインパクト記念ですし、そういったところにかけてみようと思いました。

中山で2勝していますし、アサヒに勝ったこともある馬ですから弱くはないはずです。

8枠は良馬場開催で5年連続馬券に絡んでいますし、そういった観点からも悪くないと思いました。

 

⑪ロジハービン

消しデータに該当するので消す予定でしたが…

前走の内容があまりにもいいので、消すに消せません。

ヴェローナシチーやテンダンスもその後奮闘していますし、レベルはそこまで低くなかったと思います。

2月ほど休んでどうかというところではありますが、状態良ければ紐に入れます。

 

 

これだけ手を広げてしまうとさすがにマイナスは避けられないので、

⑦-⑩-①④⑤⑥⑧⑨⑪

の7点買いで行きます。

 

あとがき

今回は難しいです。

正直パドックで全部決めちゃってもいいと思っています。

それくらい実力は拮抗です。

昨日はピンハイをC評価にしてしまいましたが、チューリップ賞で良く見えたサウンドビバーチェ、オーシャンSで良く見えたジャンダルムやダディーズビビッドは好走してくれました。また、低評価にしたジャマン・スプリットザシー・マリアズハートも下位に沈みましたし見解はそれなりだと思います。

是非Twitterの方で参考にしていただければと思います。

 

さて、来週はいよいよ阪神スプリングJ。

オジュウチョウサンが登場します!

もう買い目は決まってます。オジュウの単勝1点です。

何とか無事に走り切ってくれたらいいなと思います。

また、金鯱賞も行われますね。

目下4連勝のジャックドールとレイパパレの連勝先行馬対決。

非常に楽しみですね。

 

話は変わりますが、昨日はオリックス大勝しました!

12安打13四死球12得点。

個人的には13四死球が良かったなと思います。

昨年のオリックスは福田・宗の両選手がしっかり見切って中軸につなぐことが多く、出塁率はどちらも.330越えととてもいい数字を叩き出していました。

この"選球眼"に昨年の飛躍はあったと思っているので、この結果は満足です。

昨季は三振率.250越えだった太田選手も2四球と選べていますし、今期の成長は間違いないと思います。

また、ルーキーの渡部選手も打率.417,出塁率.563と脅威の数字。

昨日も5打席1安打2四球と上々の内容です。

いいところで1本出る野球が続いていますし、いい状態を保って開幕を迎えられればと思っています。

 

それでは。失礼します。