競馬が好きな管理人の予想日記

毎週重賞の全頭解説を更新中。日本で馬券が発売される海外競馬の予想も適時更新。最近の予想の基本軸は調教映像やレース映像から導き出す走法評価。その他展開予想も利用。管理人は二十未満なので馬券は俺プロで挑戦。年間回収率150%が夢。その他媒体はTwitterやInstagram(右下サイドバーからチェック)。YouTubeは今秋再開予定。 他の趣味は野球と乃木坂。

2022/2/6~東京新聞杯・きさらぎ賞全頭解説~

こんにちは。

 

今日はもうすでに2レースもTwitterにUPするのを忘れてしまいました…

どちらも外れたので良かったですかね?笑

 

さて、今日は難解な東西重賞です。

東京新聞杯はとにかく実力拮抗で難しいですね。

きさらぎ賞は同様の上、さらに稍重とあってもうわけがわかりません。

が、何とかひも解いていこうと思います。

 

それではさっそく予想に参ります。

 

                                  

 

東京新聞杯全頭解説

①アオイクレアトール

対抗です。

まず今回のレースはスロー予測。

明確な逃げ馬は少なく、先行馬にはある程度向くと考えています。

またこの馬は東京では着を外していません。

しかし、一口に東京と言っても何パターンかありまして、主に分けるとしたら「きれいな東京」と「使い込まれた東京」の2つ。

その面で行くとまだ開幕2週ですからきれいな東京になります。

その点を踏まえると2月、5月、10月初旬の芝になりますが、そこではあまり成績が振るっていないように言受けられます。

勝っているのは10月後半と5月中旬。

コース形態から考えれば本命でもいいと思ったんですが、この点踏まえると対抗かなという判断です。

 

②ワールドバローズ

取捨が難しいです。

東京が走るようにはあまり思いません。

上がりがかかる方が良いのかなと思います。

状態次第では消しです。

 

③ディアンドル

消しです。

56kgは混合では厳しいと思います。

ペースは合いそうですが、もう少しあったかくなってからが本領発揮なような気がします。

 

④マルターズディオサ

大好きな馬ですが…

消しです。

前々走の府中の好走はびっくりでしたが、混合の56はどうかなとこちらも思います。

乗り替わりも良いとは思えないので、状態次第では入れるものの消しの線です。

 

⑤トーラスジェミニ

本命の予定でしたが…

先ほどの「きれいな東京」「使い込まれた東京」を考えると、話が変わってきます。

この馬毎日王冠サウジアラビアRCなど10月初旬のレースで大敗しているうえ、百日草特別安田記念といった後半の馬場で活躍しています。

また重馬場が得意な時点で、今のきれいな東京は向かなさそうというのが正直な感想です。

しかし、ペースは向きますし、東京での実績はあるにはありますから無視はできないと思います。

3番手です。

 

⑥ファインルージュ

こちらも3番手。

キズナ産駒はあまり東京の成績が芳しくないこと、ルメール騎手であることがネックです。

単純な能力と斤量の比較を考えれば間違いなく抜けた存在ではありますが、不安点が多すぎます。

その点から単穴です。

 

ケイデンスコール

紐には入れます。

昨年もこの時期に好走。

確かに東京新聞杯で負けてはいますが、暗黒期だったことを考えれば復活も十分。

しかし、59kgという斤量がどうか。

紐までです。

 

⑧ドナアトラエンテ

消しです。

初の混合重賞。

斤量は魅力的ですが、馬のレベルを考えても人気先行です。

体重が減って状態良ければ一考。

 

⑨カラテ

押し出されての本命。

こちらは昨年勝っている通り、この芝はあっているといっていいでしょう。

近走は後ろからの競馬にも見えますが、もとは先行馬。

トゥザグローリー産駒にすべてを賭けます。

斤量も前走から減ることを考えれば、そこまで苦にしないと思っています。

 

エイシンチラー

消しです。

勝ち上がりはすべて52kg。

レベルも斤量も上がるとなればさすがに厳しいです。

 

⑪イルーシヴパンサー

こちらもきれいな東京での勝鞍が無い。

上がりも少しかかった方がいいタイプに写るので、好走はできそうなものの情進出できるのかは疑問。

 

⑫ヴェロックス

ほぼ消し。

もう厳しいのではないでしょうか。

近走惜しい競馬はしていますが、一向に良化の兆しが見えません。

パドックの気配次第にはなりますが、消しの線です。

 

⑬ホウオウアマゾン

消しの線です。

阪神の内枠で好走する馬。

左回りでなおかつ外枠となるとどうなんでしょうか。

上がりの使える競馬も難しいですし、57kgも微妙。

ペースは向きますから紐には入れますが、軸は少し怖いと思います。

 

⑭カテドラル

紐です。

正直連下あたりに添えたい気持ちもあるんですが、58kgを考えると。

この時期の東京はバッチリ合うと思います。

近走も全く大負けする様子はありませんでしたし、斤量で嫌われるくらいなら狙いたいです。

 

⑮カレンシュトラウス

ほぼ消し。

重賞初挑戦の前走は惨敗。

乗り替わりもマイナスだと思いますし、休み明けの成績もそこまで良くないので状態次第にはなりますが、消しの線です。

 

 

きさらぎ賞全頭解説

①エアアネモイ

ほぼ消し。

前走は終いの3Fが全部11秒台のドスロー。

参考になりません。

依って時計も平凡で、来ても紐まで。

今回はM~弱Hと読んでいますから、まず勝ちはないと思います。

 

マテンロウレオ

変わらず本命です。

なにしろ雪が降っているのでどうなるかはわかりませんが、内の荒れが残っていれば外から差しきりもあるかと思います。

ただ、今日の芝のレースを一回見てみないとまったくわかりません。

 

③ダンテスヴュー

こちらが対抗。

前走はスローで不利な流れも、何とか4着。

ただ、良い内容とは言い切れないので対抗どまり。

 

④アスクワイルドモア

紐には入れます。

なんといっても重馬場のキズナ産駒。

無視はできないと思います。

実力どうこうというよりは馬場適正。

 

⑤ショウナンマグマ

消しました。

前走は展開が向くも、4着。

2着のイルチルコが前走敗け。

レベルが少なからず上がる今回は厳しいと見ています。

 

⑥ストロングウィル

紐には。

前走の時計はそれなりに優秀です。

ただ2番人気は少しやりすぎかなと思います。

 

⑦フォースクエア

こちらも紐には。

こちらも時計は優秀です。

キャリア1戦で休み明けなのは少しネックですが、そこを見せていないだけに要注意。

 

⑧セルケト

紐には。

前走は同コースで勝利。

重くなれば前の馬には有利と見ていますが、如何せん内が荒れまくっているのでどうなることか全くわかりません。

ただ、牝馬にせよ無視できる1頭ではないと踏んでいます。

 

⑨トーセンヴァンノ

消しです。

実力不足です。

 

⑩シェルビーズアイ

単穴で。

外差し傾向があるのであれば狙いたい。

このコースで新馬勝ちし、前走も悪くない内容。

先行して脚を伸ばせればチャンスはある。

 

⑪メイショウゲキリン

紐です。

万一差し脚が届かないとなればこの馬。

前走も内容良かったですし、ジャスティンパレスと0.1差は伊達じゃないと思いました。

外枠からもよさそうなので、終始きれいなところを周れればチャンスはあります。

 

 

あとがき

2つとも難しすぎますね。

全く消せる馬が見つかりませんし、抜けた馬もいないので、やればやるだけ結果が変わると思います。

その1回を仕留められれば。

 

中京の芝の状態は正直見るまで何もわからないので、予想が変わるようでしたらTwitterでのパドック評価時に詳しく書きます。

 

 

失礼します。