競馬が好きな管理人の予想日記

毎週重賞の全頭解説を更新中。日本で馬券が発売される海外競馬の予想も適時更新。最近の予想の基本軸は調教映像やレース映像から導き出す走法評価。その他展開予想も利用。管理人は二十未満なので馬券は俺プロで挑戦。年間回収率150%が夢。その他媒体はTwitterやInstagram(右下サイドバーからチェック)。YouTubeは今秋再開予定。 他の趣味は野球と乃木坂。

2021/12/12~日曜競馬重賞全頭解説~(カペラS・阪神JF)

こんにちは。

 

 

今日は阪神JFです。

非常に難解です…

ただ、ポイントを押さえて消去していけばおのずと絞れて行きます。

しかし、その中で順位付けをするのがたいへんです。

まず1頭軸は難しいですね笑

 

また、中山ではカペラS

オッズも割れていてこちらも難解です。

展開とパドックで何とか仕留めたいです。

 

それでは全頭解説に参ります。

 

                                  

 

カペラS全頭解説

ハイペース読み。

※血統用語については亀谷敬正さん作成の「スマート出馬表」内で用いられる用語を多用しています。そちらを見ながら読んでいただくとより一層理解しやすくなるかと思います。→http://smartrc.jp/

リュウノユキナ

1200では上位の馬。

前め過ぎると後ろに持ってかれる気もしますが、地力で粘れる可能性も高いと思います。

ただ、堅いとは言い切れません。

 

②ゲンパチフォルツァ

消しです。

中山は得意のようですが、3歳馬のレベルの低さから実力はそれほどでもないと感じます。

 

③アポロビビ

追込みの馬なのであまりに後方だと届かない気もしますが、千葉Sのように立ちまわれれば。

中山巧者でもあるので注目です。

 

④ダンシングプリンス

中山では着内率100%。

相当間隔があいたのでそこは心配ですが、能力は上位。

パドックが良ければ軸もあります。

 

デュアリス

こちらは古馬相手でもやりあえる3歳馬。

テンも上がりも使えるので、逃げると少し展開は向かないかもしれないですが、番手で控えればチャンスは十分。

 

⑥スマートダンディー

消しです。

血統は良いですが、1200がどうなのかなという印象。

 

⑦ミッキーワイルド

こちらも同じく。

1400の馬という気がします。

 

⑧ロイヤルパールス

消しです。

さすがに変えません。

 

⑨オメガレインボー

こちらも1200がどうか。

血統、展開とも素晴らしいですが、1200だけがとにかくネックです。

 

⑩ヨシオ

パドックが良ければ。

展開は今回向くと思うので状態が良ければ一考です。

 

⑪メイショウテンスイ

消しです。

評価できる点はないかなという印象です。

 

⑫ミスズグランドオー

こちらも古馬とやりあえる馬ですが、展開がどうか。

ただ、前走は完勝ですし、能力はあると思うので注目です。

 

⑬トウカイエトワール

今回の穴馬。

中山では4戦3勝2着1回。

テンも上がりも使えて展開が向くと思います。

一発穴をあけるならこの馬です。

 

⑭ディサーニング

こちらも注目の馬。

血統も良く、このコースもあっている印象。

ただ脚質だけがネックです。

 

⑮ミッキーブリランテ

消しです、

モズスーパーフレアのまねごとをしても通用するとは限りません。

 

⑯モズスーパーフレア

いいところを引きました。

ハナ争いは激化しそうですが、粘ってくるのがこの馬。

先頭で運べれば残してくると思います。

 

 

阪神JF全頭解説

抑えるポイント

おととし◎レシステンシア〇クラヴァシュドール▲マルターズディオサの3頭ワイドBOXで的中させた私が考える抑えるポイントは2.3歳G1においてほとんど共通しています。

抑えるべきはただ一つ。

「2勝馬or重賞連対馬

この二つを押さえれば大まかにはこのレースを攻略できます。

過去10年で振り返るとジョワドヴィーヴル等1戦1勝馬がくることもありましたが、ここ7年は皆無。

重賞戦線も充実してきてそんなことはなくなりました。

事実1戦1勝馬の出走も少なくなってきています。

それから、1勝しかしていない馬(重賞連対馬を除く)。

こちらもここ8年皆無。

ですので、「2勝馬or重賞連対馬」この点でふるいにかけていきます。

 

この見方はクラシックでもほぼ同じ理論で通用するのでまたその都度紹介します。

 

全頭解説

①ナムラクレア

こちら条件的には消せないですが、1200でしか勝ったことのない馬は来たことないです。

ただ、前例もほとんどないので何とも言えません。

軽い印にとどめます。

 

②ナムラリコリス

消しです。

こちらは1200以外を出走したことすらないです。

これは厳しいと思います。

 

③ヒノクニ

消し:2勝未満重賞連対なし

④トーホウラビアン

消し:2勝未満重賞連対なし

⑤スタティスティクス

消し:2勝未満重賞連対なし

⑥タナザウィング

消し:2勝未満重賞連対なし

⑦キミワクイーン

こちらは2勝していますが、1400。

重い印はつけられませんが、抑える程度には。

 

⑧ステルナティー

これが典型例の2勝未満重賞連対あり。

クラヴァシュドールなんかがそうですね。

牡馬の中で最上位と呼ばれるコマンドラインと鎬を削っているのは評価できます。

ただ、初の右回りが心配です。

今回ハイペースに近いミドルペース読みなのでこの脚質は十分向いてくるかと思います。

 

⑨シークルーズ

消し:2勝未満重賞連対なし

⑩サークルオブライフ

こちらは左右周りで勝利し、なおかつ重賞勝ち馬。

中団から脚も使えるので今回はいい舞台だと思います。

1600で2勝している点が凄く評価できます。

⑪ラブリイユアアイズ

こちらは2勝馬で。

正直京王杯のレベルがイマイチなので、大きく評価はできませんが、抑えてはおきたいです。

 

⑫アネゴハダ

消し:2勝未満重賞連対なし

⑬ウォーターナビレラ

こちらは名門サフラン賞組ともいえます。

メンバー唯一の3勝馬で能力は高いと言えるでしょう。

阪神での実績もあり、文句はないです。

ナミュールとの2頭軸で。

 

⑭サク

消し:2勝未満重賞連対なし

⑮ダークペイジ

こちらも無敗馬。

また、ファンタジーSとのタイムと比べても遜色なくレベルは高かったといえそう。

大穴です。

 

⑯ベルクレスタ

こちらも1勝1連対馬

安定した成績が魅力。

また新馬戦の頃から注目していたので楽しみです。

新馬戦に触れていた部分↓

https://keipaz.hatenablog.com/entry/2021/06/12/142253#%E4%B8%AD%E4%BA%AC5R%E8%8A%9D1600m

ナミュール

こちらは先述のとおりほぼ本命です。

ただ、1頭軸は怖いです、

なにしろ重賞初挑戦なので。

ここ4年は重賞勝ち馬が、過去10年中7年は重賞経験のある馬が勝っているので勝利は正直確実とは言えないです。

ただ、走ってくるとは思います。

 

⑱パーソナルハイ

消し:2勝未満重賞連対なし

 

あとがき

今日午前中に大きいのが当たったんですが、もうスりました笑

まあこれは架空であり必要経費なので目をつぶります笑

利益がでてきたらまた午前中予想を紹介します。

 

さて、今日は買うのも忙しい見るのも忙しいで大変ですね。

ただその分楽しみは大きいです。

 

それでは失礼します。