競馬が好きな管理人の予想日記

競馬予想や競馬ニュースに反応して気まぐれに記事を書きます。(予想の責任は一切負いません。ごめんなさいとは言うけれども)初心者なので、何言ってんだこいつ、と思うこともあると思います。もしそう言ったことがあればコメントをぜひお寄せください。YouTubeチャンネル→ https://www.youtube.com/channel/UCbRRRmaXeDmcTpusgYRCK4w

2021/10/31~日曜競馬重賞全頭解説~(天皇賞・秋)

こんにちは。

 

今日はいよいよ天皇賞ですね。

小雨が降ると言われていますが影響はどうでしょうか。

案外難しいレースになりましたね。

名前を見るとあっという間に結果がわかる気がしますが、そう簡単にいくのか?というのが正直な印象です。

そう思って3冠馬決着だったのはびっくりでしたけどね笑。

 

さて、今回も3強の様相。

それにしても無敗の三冠馬が突出していないというのは何とも悲しい気がするというか…笑

3冠馬とはいかなるものなのか、見せつけてほしいですね(これでもう本命がバレそう笑)

 

長話も何なので早速全頭解説に参りましょう。

 

                                  

 

天皇賞・秋展望

抑えるべきポイント

実に今回天皇賞で抑えるポイントは4つ。

  • 血統
  • 斤量
  • 上がりタイム

です。

まずは枠順。

これは多くの方が知っていると思いますが、外枠は不利といわれています。

しかしながら枠の数字で見ると、7,8枠は来ていないこともありません。

ただ、この数字にダマされてはいけません。

天皇賞秋において抑えるべき枠順の数字は「馬番」です。

昨年のように頭数が少なくなると、9番でも7枠に入ってしまいます。

そうなると7枠の成績としてカウントされるので、今回の13,14番枠とは全く違うスタート位置でも同じものとみなされてしまいます。

ここで、過去10年の着内馬の「馬番」を平均してみると

1着馬:7.3番

2着馬:10.7番

3着馬:9.5番

となっています。

これを見る限りでも1着馬は内よりなのがいいとわかりますね。

外枠はスタート間もなくで裁くのが難しいので、外枠でも繰る馬は後方待機の馬が多い傾向にあります。

 

次に血統。

これは常々言っている「欧州系ノーザンダンサー」と「ステイゴールド系」。

今回も多くの馬が該当しています。

 

そして斤量。

特に注目すべきは古馬牡馬。

初の58kgという馬もいますから、そういった馬には注意が必要です。

ちなみに今まで56.5kg以上を背負ったことのない古馬牡馬は着内に来ていません。

 

最後に上がりタイム。

これは基本的に馬場とペースに起因するものですが、今回はペース配分が難しいうえ道悪も予想されます。

スローで上がり勝負になるのが大方の見方ですが、雨が降って上がりタイムは少しかかるのではと予想しています。

 

それでは、これらを踏まえて全頭解説に参ります。

 

全頭解説

①コントレイル

絶好枠。

スタート難もないので、スッと先団のポジションを取れるでしょう。

多少の馬場あれはあるでしょうが、ダービーのように真ん中へ出せれば勝ち切れると思っています。

また、今回もしペースが流れて道悪になると上がりがかかると予想されます。

そうなると、ディープほどの切れる脚メインではない彼はグランアレグリアよりも分があると思います。

34秒台半ばの上がりになれば彼が勝ち切ると思いますし、そういうレースになると思っています。

本命です。

 

カデナ

消しです。

年齢的にもう厳しいです。

東京もあまり得意ではありません。

 

③モズベッロ

雨ならワンチャンスと思っていましたが…

初の東京コース、向いていないと思います。

消しです。

 

④ポタジェ

怖い一頭ですが…

初の56kgを超える斤量。

能力は高いと思いますが、この点を危惧しています。

状態次第というところもありますが、一応印は打ちたいです。

 

⑤エフフォーリア

今回走ってくると思います。

こちらもコントレイルのように上がりが早い競馬もできますが、若干早いくらいがよさそう。

そう考えると今回はピッタリだと思っています。

スローで前目につけて、直線で抜ける。

まるで共同通信杯のような競馬を期待しています。

ノリに乗っている武史騎手に期待。

 

⑥トーセンスーリヤ

コースはあっていると思います。

58kgの経験もあり、欧州血統なのであまり不安点はありません。

一番の懸念点は能力が足りるかですから、展開が向く今回は一発期待できると思っています。

 

⑦ワールドプレミア

久しぶりの中距離。

スピードについていけるのかが心配です。

上がりがかかるのはいいので、今回のようなレースはソコソコ向いていると思いますが…

重い印はつけられません。

 

⑧サンレイポケット

取捨がとても難しいですが…

58kgが厳しいかなという印象です。

 

⑨グランアレグリア

今回3強の中では一番不利なのではないかとにらんでいます。

この馬は上がり勝負のレース向き。

よほどのドスローになればあれですが、稍重以上になると予想されるので、上がりは少しかかると予測します。

そうなると33秒台の上がりで勝ちを積み重ねてきたこの馬には不利です。

また、前回負けた2000m。

能力値はメンバートップだと思いますが、不利な部分をカバーできるかどうかがカギだと思います。

 

⑩カイザーミノル

おそらく逃げる馬。

前走は掲示板にくいこみ、なんと今年ココまですべて掲示板内。

血統的には向かなさそうではあるが、単騎でリードできれば粘る可能性もあり。

ただ、58kgで2000を走ってスタミナが持つのかどうか。

気配が良くなければ消しです。

 

⑪ムイトオブリガード

てっきり来週だと思っていたんですが…

もう7歳。

年齢的に厳しいと思います。

 

⑫ラストドラフト

サインで一発。

前走はビリ。ビリといえばオリックス・ヤクルト。

さらに、ドラフトラストといえばラオウ杉本がホームラン王。

来そうな要素は他にも。

単純に欧州系の血が濃いです。

ラオウのような一発、期待してます笑

 

ペルシアンナイト

ハービンジャーですから印は打ちたいですが…

札幌ほどは来る馬場じゃないですからね。

ズブくなってきたからこの距離ということですが、年齢的なものもありますからね…

パドックで良ければ印を打ちたいです。

外枠も心配です。

 

⑭カレンブーケドール

外枠が…

上がりがかかれば走ってくる馬なので期待はしていますが。

枠のせいで着が落ちる可能性があります。

ただ、なんにせよこの中でも上位の能力を持っているので掲示板は外さないでしょう。

 

⑮ヒシイグアス

消しです。

中山なら信用できますが、東京だとイマイチ信用がおけません。

外枠なのもマイナス材料ですし、復帰戦と位置付けるのが妥当でしょう。

 

⑯ユーキャンスマイル

消しです。

大外を引いたのは気の毒です。

ここ2年は中長距離に重きを置いてきました。

年齢的なことも考えると、長距離が一番あっていると思います・。

 

予想総括

◎コントレイル

〇エフフォーリア

▲グランアレグリア

△カレンブーケドール

△ポタジェ

△ワールドプレミア

穴トーセンスーリヤ

穴カイザーミノル

大穴ラストドラフト

です。

コントレイル3連複1頭軸フォーメの予定です。

 

あとがき

ワクワクとドキドキが止まりません。

これで上位3頭で決まったらまたごめんなさいです笑

 

また、今週は3日にJBCがありますね!

そこに合わせて少し予想も練る予定です。

火曜の夜に出そうと考えています。

JBCパドック予想ができません。また、全頭解説も省きます。

 

この後また天皇賞・秋パドック解説を出します。

 

それでは、失礼します。