競馬が好きな管理人の予想日記

競馬予想や競馬ニュースに反応して気まぐれに記事を書きます。(予想の責任は一切負いません。ごめんなさいとは言うけれども)初心者なので、何言ってんだこいつ、と思うこともあると思います。もしそう言ったことがあればコメントをぜひお寄せください。今は好きな音楽紹介とかも予想記事の中に入れています。奇数回は乃木坂46さん、偶数回は90‘sを中心にJ-POPを紹介しています。YouTubeチャンネル→ https://www.youtube.com/channel/UCbRRRmaXeDmcTpusgYRCK4w

2021/10/3~凱旋門賞全頭解説~

こんばんは。

 

ブログでの予想は良かったんですが…

今日はてんでダメでした。

凱旋門賞まで響かなければいいのですが…

 

さて、いよいよ次は凱旋門賞です。

今日はこのほかにもエントシャイデンが出走するフォレ賞や、イカットの出走するオペラ賞があります。

どちらも頑張ってほしいですね!

 

それでは、混戦の凱旋門賞、全頭解説していきます。

 

凱旋門賞全頭解説

今回は馬番順で解説します。

海外はゲート番と順番が違うのでレースを見るときは注意しましょう。

①トルカータータッソ

消しです。

前走のバーデン大賞の勝利は評価できますが、ドイツだけでの勝利はあまり評価できません。

また、バーデン大賞勝利後凱旋門賞を連勝した馬はデインドリーム以来いません。

初対戦の馬が多く、評価が難しいです。

 

②ディープボンド

頑張れ!というのが素直なコメントですが、普通にチャンスがあると思います。

フォワ賞も圧勝でしたし、無尽蔵のスタミナはこの舞台で生きると思います。

逃げ・先行という脚質も凱旋門賞にあっています。

期待しましょう。

 

③ブルーム

武豊騎手が騎乗する馬。

前走はディープボンドに続く2着。

重馬場のサンクルー大賞を勝利しているので、今回の若干重寄りの馬場でも対応できると思います。

ユタカマジックに注目か。

 

④タルナワ

ロンシャンのG1を2つ勝利している実力牝馬

前走は負けているものの、負けた相手はセントマークスバシリカ

60kgで奮闘したほうだと思います。

今回の斤量は58kg。

非常に怖い1頭になりそうです。

 

⑤ラブ 出走取消
⑥ラービアー

消しです。

クリスチャンがこっちに乗るというのが何とも悲しいですが…

実力的に厳しいと思います。

後ろから追い込める気はしません。

 

⑦クロノジェネシス

こちらも頑張れというのが素直な感想でしたが、外枠が痛いですね。

右回りは相性が良く、ミシュリフにも肉薄する実力を持ち、父は凱旋門賞馬で道悪も大丈夫となれば着内は十分獲ってきそうなんですが…

マーフィーの手腕に期待します。

 

⑧モジョスター

消しです。

前走はセントレジャー

ココからの馬は何十年も凱旋門を勝っていません。

加えて、1勝馬とくれば相手にならないでしょう。

 

⑨ベイビーライダー

消しです。

前哨戦も勝てないような馬は来ません。

パリ大賞でもハリケーンレーンから大きく離された5着。

厳しいでしょう。

 

⑩アダイヤー

神の馬以来の欧州三冠を狙う3歳馬。

2冠馬自体があまり出るものではありませんが、ラムタラ以後の挑戦馬は達成できていないだけに難しいことなのでしょう。

ただ、個人的にはチャンスがあると思います。

キングジョージで倒してきた馬もハイレベルですし、もちろん今回も斤量の優位はあります。

久々の3歳牡馬制覇となるか。

 

⑪ハリケーンレーン

今回のキケンな人気馬です。

先ほども申し上げた通り、セントレジャーからの馬はなかなか好走できていません。

それはやはり、3000mを走った後だからだと思います。

夏も長期の休養はなく走り続けてきました。

いくら斤量が優位とはいえ、さすがにそろそろバテどきではないでしょうか。

 

⑫シリウェイ

消しです。

今回2400は初めて。

休み明けでもありますし、手は出しづらいです。

 

⑬アレンカー

消しです。

こちらも3歳牡馬。

斤量の優位はありますが、ハリケーンレーンともレベルが離れており、ラブに先着したとは言え厳しいでしょう。

 

⑭バブルギフト

消しです。

ニエル賞勝ち馬には注意と言いますが、過去ニエル賞を勝って凱旋門を善戦した馬はほとんどG1馬でした。

対してこのバブルギフトはG1では善戦すら厳しいです。

前走のレベルは低かったと言わざるを得ないです。

 

⑮スノーフォール

復活なるか。

前回は初のロンシャンでまさかの敗戦。

展開のアヤとも評されましたがどうか。

毎月のようにレースに出ており、その多くが中長距離なのでこちらもバテどきか。

ただ、日本馬にとっては強敵です。

 

予想総括

◎クロノジェネシス

◎ディープボンド

はもちろんなんですが…

一応海外勢のみで評価すると、

◎タルナワ

〇アダイヤー

▲スノーフォール

△1ハリケーンレーン

△2ブルーム

と言った感じです。

上位人気7頭にはなりますが、参考にしていただければと思います。

 

あとがき

これを出すころには22:30になっているでしょうから、せわしくなっていそうです。

オリックス快勝の話などする暇はないですかね笑(もはや日常茶飯事ですから…笑)

個人的には7頭立てと見て、雰囲気など確かめられれば確かめてTwitterに乗せたいと思います。

 

昨年は日本馬ではディアドラのみの出走にとどまり寂しくなりました。

今年は2頭、そしてどちらも実力的に期待のできる馬なので非常に楽しみです。

日本馬の夢を達成してほしいですね。

また、ディープインパクトの血を継ぐスノーフォールとディープインパクトの主戦武豊が対決するというこちらもロマンがありますね。

 

日本馬の夢か、ディープの夢か、ユタカの"夢"か、はたまた地元馬の意地か。

100回目にふさわしいレースになりそうです。

 

失礼します。