競馬が好きな管理人の予想日記

競馬予想や競馬ニュースに反応して気まぐれに記事を書きます。(予想の責任は一切負いません。ごめんなさいとは言うけれども)初心者なので、何言ってんだこいつ、と思うこともあると思います。もしそう言ったことがあればコメントをぜひお寄せください。今は好きな音楽紹介とかも予想記事の中に入れています。奇数回は乃木坂46さん、偶数回は90‘sを中心にJ-POPを紹介しています。YouTubeチャンネル→ https://www.youtube.com/channel/UCbRRRmaXeDmcTpusgYRCK4w

2021/10/2~土曜競馬重賞全頭解説~(シリウスS)

こんにちは。

 

早いもので今年ももう残り三ヶ月ですね。

そして、今週からはいよいよG1が始まっていきます。

そして、明日は凱旋門賞

楽しみな秋がやってまいりましたね。

 

さて、まず今日はダート重賞シリウスSですね。

今日も全頭解説やっていきたいと思います。

また、明日はスプリンターズステークスとできれば凱旋門賞の全頭解説もやろうと考えています。

 

それでは、早速解説に参りましょう。

 

 

シリウスS全頭解説

①ダノンスプレンダー

近走は惜しい競馬が続いている馬。

昨年の4着馬の実績を見せれれば。

能力的には勝利も可能だとは思うが、左回りでどうか。

 

②ブルベアイリーデ

前走はひさびさの中距離で快勝。

斤量は1kg増になるが、前走の能力を発揮できれば十分勝ち負け。

左回りも苦にしないので、着内に確実に入ってくれそう。

 

③ロードリハーサル

血統的には◎。

完全なる左回り巧者で、全4勝のうち3勝が中京という中京巧者。

相性的には狙いたいが、同条件の2走前で敗れているのがネック。

 

④エルデュクラージュ

東京2100巧者。

1900では着内にすら入らず相性は悪いか。

最近の雰囲気を見ても消しか。

 

⑤リアンヴェリテ

消しです。

左回りは勝ち上がり以降すべて着外。

コース相性的にあっておらず、見送り賢明。

さらに、1900も長めに感じる。

 

⑥ゴッドセレクション

メンバー唯一の3歳馬。

重賞勝ちこそないものの、好走を繰り広げているだけに能力はありそう。

左回りでも勝利を挙げていて問題なし。

斤量的優位も相まって狙いやすい。

 

⑦アナザートゥルース

消しです。

この馬の本領は荒れ馬場で発揮されるものだと思います。

左回りも相性がいいとは言い切れません。

 

サンライズホープ

1900・2000で狙える馬。

前々走は中京で快勝。

前走は少し短かったか。

今回はぜひ狙いたい。

 

ケイティブレイブ

良馬場の左回りでは3連続2着。

パドックで気配が良ければ復活も期待できそう。

しかし斤量がキツイか。

 

⑩ハヤヤッコ

こちらもハンデが重い。

56kg台なら狙えるが…

あえなく消し。

 

ウェスタールンド

こちらも重斤量。

チャンピオンズCでの激走が印象的だが、意外に左回りの成績はイマイチ。

パドックが良ければ一考だが、現時点では外す線。

 

⑫サクラアリュール

近走は上がり上位をマーク。

コース相性も悪くなく狙える馬だが、今回逃げ馬が少ないだけに届くのか不安。

 

⑬アシャカトブ

消しです。

同斤量で前走負けているのは痛いです。

 

⑭テンザワールド

消しです。

軽量一発はあるかもしれませんが…

左回りを苦手としているように映ります。

 

⑮エブリワンブラック

消しです。

道悪が得意なのかなという印象。

良馬場での勝負はきつそうです。

また、左回りもそこまで得意ではないようです。

 

⑯サンデーウィザード

消しです。

元は芝馬なので、道悪で勝負したいはず。

最近は早い上がりで好勝負していますが、こちらも届くかは疑問。

 

予想総括

あくまで現段階ですが…

◎ゴッドセレクション

サンライズホープ

▲ブルベアイリーデ

△ダノンスプレンダー

  • ロードリハーサル
  • サクラアリュール

パドック次第↓

です。

 

 

あとがき

今日はとても大事な日。

るなぴの、私の誕生日。

と、言うのもそうなんですが。

2014.10.2。

オリックスファンにとって屈辱的な日。

期待に胸を膨らませ、舞い上がっていた私をどん底に突き落とした松田の左中間。

泣いて顔を上げられない光の姿は今でも覚えています。

 

あの日から7年。

前回の10.2の試合から7年オリックス戦はなく、奇しくもあの日以来の10.2の試合がソフトバンク戦になりました。

 

そんな中で迎えたきょうの試合。

オリックスがあの日の悔しさを晴らすかのような、素晴らしいスタート!!

2014年、2位に終わったあの瞬間にグランドにいたT-岡田のタイムリー!

そして今日はエース由伸。

大援護ができて一安心ですが、気を引き締めて頑張ってほしいです!!!!

 

失礼します。