競馬が好きな管理人の予想日記

毎週重賞の全頭解説を更新中。日本で馬券が発売される海外競馬の予想も適時更新。最近の予想の基本軸は調教映像やレース映像から導き出す走法評価。その他展開予想も利用。管理人は二十未満なので馬券は俺プロで挑戦。年間回収率150%が夢。その他媒体はTwitterやInstagram(右下サイドバーからチェック)。YouTubeは今秋再開予定。 他の趣味は野球と乃木坂。

2020/06/06土曜競馬予想&安田記念前日展望&POGオススメ馬

おはようございます。

今日の東京は曇り。午後からは雨という予報になっています。

明日も雨のち晴れという事で、安田記念含め馬場傾向が多少なりとも変わってくると思っています。

一方の阪神は午前に一部雨予報がありますが、1日通して曇りとなっています。

明日は快晴のようです。こちらは天気というより開幕週の傾向を重視したいですね。

 

さて、今週は6週連続G1のトリを飾る安田記念です。

G1馬10頭という、去年の超豪華G1有馬記念に勝るとも劣らないメンツとなっているので、非常に楽しみです。

何しろ、こんな短間隔でアーモンドアイをまた見られるとは思っていなかったので、とても嬉しいです。

ですから予想は当然難しく、また雨ともなってくると傾向が変わるので、さらに難しいです。

よく言われる事ですが、1600を1200の400m延長と考えるか、2000の400m短縮と考えるか、ここが焦点になってくると思います。

安田記念の展望も後半の方でさせて戴きます。

 

また、今週からは2歳戦がいよいよ始まりますね。まだ今週以降デビューの3歳馬もいるのに…笑

特に今日の注目は、ブエナベントゥーラとドナウエレンといったところでしょうか。

二頭とも現役時代強かったのはもちろんこの目で見ていますし、ブエナビスタに至っては、あれだけの実績・血統を持ちながらまだ活躍馬を出せていないのが悲しいです。

しかし、今回はキンカメからモーリスへ種牡馬を変更したというのがとても大きいポイントです。

サンデーの3を持っているブエナビスタにとってサンデーの4を持つモーリスは貴重な存在です。

サンデーの爆発力がどの程度影響するのか、ここも楽しみです。

 

さて、前置きが長くなりましたが、まずは土曜競馬予想から参ります。

 

目次

 

土曜競馬予想

今週も各場10R、11Rを予想していきます。

 

阪神10R 天満橋S 発走 15:01

私の推奨馬は…

メイショウテンスイ

です。

1番人気ですが、ここはこの馬軸で問題なさそうです。

初の古馬混合戦ですが斤量の優位もありますし、近2、3、4走と着外ですがこれは全て左回り。

事実、右回りの前走は人気以上に好走しています。

先行優位と考えているのでここは安心しての軸です。

対抗にはタガノプレトリア

前走は負けてしまいましたが、この一回の評価のバイアスが少しかかり過ぎな気もします。

阪神ダートの相性も良く、また今回の予想では回収率に重きを置いた新しい予想にしたので、この太宰Jというのがいい方向に持っていくと思っています。

他の相手はスマートアルタイル、エイシンポジション、ロングベスト、ヴォーガ。

今回は馬単なんかも買い目に入れてみようかなと考えています。

買い目については、またレース前にTwitterでお知らせします。下のリンクを押してもらえればすぐにフォローできます。フォローしていただけると嬉しいです。

https://twitter.com/intent/follow?screen_name=Glory621347931

 

東京10R 由比ヶ浜特別 発走 15:10

私の推奨馬は…

ココフィーユ

です。

東京1400を立て続けに走っていますが、今回一つ違うのは斤量。

ハンデ戦という事でいつもより2kg軽くなっています。

これなら本来以上の結果が出せると見込んでいます。

また、ロードカナロア、戸崎Jというのも評価ポイントです。

相手は主に上位人気三頭、タガノスカイハイ。

タガノスカイハイは左回りに変わってから2戦連続馬券圏内。

昇級初戦で斤量も軽く、ここはチャンスです。

穴馬にはドウディ、ロジスカーレット。

前者は、菊沢J、小野厩舎ともにこの距離の回収率がえげつない事、後者は、東京では無難に好走していて、なおかつ3kg減なのでこの馬はかなりオススメです。

 

阪神11R 第73回 鳴尾記念(GⅢ) 発走 15:35

私の本命は…

レッドガラン

です。

この馬は阪神巧者。前走は1番人気で負けてしまいましたが、こういうのがよくくる傾向もあります。

ジョッキーも阪神の時のお供、北村友一Jに戻っているので安心です。いつも通り3着以内は硬いでしょう。

相手にはエアウィンザー

G15番人気までのし上がった馬が、鳴尾記念で4番人気は人気なさすぎです。

同条件のチャレンジCも買っていますし阪神は得意なのでこちらもいいと思います。

もう一頭あげるならラヴズオンリーユーですが、新馬戦以来の混合戦。前回の負けも相まって挫けちゃう可能性も感じています。

主な紐はトリコロールブルー、キメラヴェリテ、サトノルークス。

キメラは唯一の3歳ですが、逃げ残りを期待しています。

そして大穴紐四頭はアドマイヤジャスタ、テリトーリアル、ジェシーアメリカズカップ

テリトーとアメリカは都大路からの参戦。

このレースからのローテは大穴を開けることがあります。

またテリトーに関しては近2走と変わって一気に下位人気。

先行馬ということもありますし、1番期待度は高いです。

アドマイヤジャスタはなぜか3回も実績のある13番人気ということ、ジェシーは回収率がいいことと、同コースで勝ち上がってきたこと、そして最近流行りの「川田が乗り捨てた馬」というのがポイントです。

 

東京11R スレイプニルS 発走 15:45

まず、名前がカッコいいですね。

スレイプニルというのはオーディーンが乗っている馬のことです(ちなみに武器はグングニル)。

予備知識は置いておいて、私の推奨馬は…

エルデュクラージュ

です。

前走も本命にして、見事的中。

先日のトップウイナーの件もありますし、ここは連続指名です。

東京2100のスペシャリストですし、何しろ同条件で負かした馬が多く出てきているので力関係は見やすくわかりやすいと思います。

紐相手含め5頭は、ロードブレス、アルドーレ、ダイシンインディー、マスターフェンサー、サトノティターン

他はよっぽどがない限り切ろうと思ってます。

 

安田記念日展

今のところ本命はアーモンドアイですが、馬場状態次第です。

候補は、インディチャンプ、アドマイヤマーズ、グランアレグリア、米国血統入りの馬…になりそうです。

切る馬はケイアイノーテック除く単オ100倍以上の馬。

雨が降ればクルーガーは選択肢に入りそうです。

何しろ、的中不的中抜きではやくG18勝がみたいというのが大きいです。

関係ないかもしれませんが、今日安田記念の夢を見ました。

薄らとしか見えませんでしたが、シルク二頭がゆっくりと仲良く引き上げていく様子が見えました。

まさか同着?!…ワンツーはあると思います。

夢を信じるかはたまた自分を信じるか。難しいです。

 

今日のPOG注目馬

※これの今日というのは今日出走するというわけではありません。あくまで今日オススメする、というだけです。

今日の注目馬は…早速明日、東京の牝馬限定に出走する…

サトノレイナス(父:ディープインパクト 母:バラダセール)

です。

昨シーズン、私はこの馬の全兄、サトノフラッグを指名し見事重賞勝利とクラシック出走を成し遂げてくれました。

バラダセール産駒は今回ディープとの配合は二頭目

初産駒で良し悪しを決めるにはまだ早いと思いますが、少なくとも他の種牡馬よりは相性はいいと思います。

調教を見ましたが、走りも良く、只お兄さんのような頭の低めな走りではありませんでしたがいい馬に見えました。

初週の東京新馬戦は何頭も実績を残しているので注目です。

 

また、私情ですが結局NetkeibaとJRA-VAN の二足の草鞋でPOGを進めます。

若干被ったり被らなかったり…笑

ここで紹介しても、最終的に指名しないこともあります。

しかし、なるべくそうはしたくないのでオススメ度の高い順にご紹介します。

もし前の記事を読んでいない方で読みたいという方がいらっしゃったら、6/4からの全記事にこのコーナーは掲載されています。よろしければご覧ください。

 

あとがき

競馬のはなし

今週のビッグニュースといえば、あの最強馬アロゲートが亡くなったというニュースでしょうか。

海外競馬はあまり詳しくないですが、ドバイWCの印象が強いです。

いい馬が若くして亡くなるというのはとても残念です。血を繋げられたのがまだ良かったでしょうか。

 

好きな曲紹介コーナー

いつもあとがきには全く競馬と関係ないこと、主に最近はコロナ事情についてよく話していましたがもう日々反応するのは疲れるので、好きな曲を紹介するコーナーにでもしようと思います。

競馬はもちろん大趣味ですが他にも野球、音楽、ゲーム…etc と自分で言うことではないかもしれませんが多趣味です。

音楽は若い人の流行りのに乗れないのが私の欠点です(堂々と若者と言える年齢なのに)。

そんな中唯一流行りに乗れていそうなのは乃木坂46さんですかね。

主には90‘sや桑田佳祐さんなんかをよく聞くのですが、最近この自粛中色々音楽をかじって行った結果ある結論が出ました。それは…

「女の人の歌の方が好き」

です。また、私が1番意識するのは声色です。

もうこれが合わないと基本的に嫌いな歌のない私も嫌いになります。

ですからよく聞くのはその条件を突破した歌手の方ですが、乃木坂さんは女性歌手(グループ)の中でも私の耳に合っています。

最近の流行りに乗りたいミーハーではないので個人的にも珍しいと思います。

ただ、友人と流行りで話が合わないというのは避けたく、まるでアグネスデジタルのようなオールラウンダーを人生の目標としている私にとって流行りの情報は重要なのです。

 

そこで、私が好きな曲を一曲記事ごとに紹介しようと思います。興味のない方はこちらで閉じてもらって構いません。記事を読んでくださってありがとうございました。

 

今日紹介する曲は…

ありがちな恋愛(乃木坂46)

です。

落ち着いた(音が低めetc)曲調が好き(これも女の人の歌に多いから男の歌よりも…というのはあるかも)な私にはピッタリです。

暗すぎず、激しすぎず。綺麗な声が際立ついい曲だと思います。

作曲は杉山勝彦さん。乃木坂ベストソング第2位の「きっかけ」もこの方ですよね。杉山さん好きです。

あとは伴奏が単調なのもいいですね。バイオリン・ピアノが入っている曲も好きです。

こう言っておきながら、アイドルアイドルした曲の中にも好きなものはあるので今後ご紹介します。

 

ホントのあとがき

さて、また東京は新規感染者が増えてきました(結局話すんかい)。

萩生田さんがまたなんかガタガタ言い始めましたが、萩生田さんに限った話ではないですが、芸能人なんて屁にもならないほどの影響力を持った発言の出来る人達ですから、検討段階で外部に漏らされるのは少し迷惑です。

政策を検討段階で公表すると、たとえいいものでも混乱を招きかねません。

たとえば、現金を配ると言って配らなかったらどうなりますか? 国民の反感は少なくないと思います。

また、消費増税をすると言ってしなかったらどうなりますか? 結局しなかったことで安心する人はいると思いますが、しないまでの間混乱を招くことになります。

そう言った影響力のある「インフルエンサー」には自身の発言の影響力を再認識して欲しいです。

 

今記事を書いている時間的にはもうすぐブエナべントゥーラの新馬戦、また、モーリス、ドゥラメンテ産駒の中央デビュー戦が始まろうとしています。

今シーズンのPOGも熱く盛り上がっていきましょう!

Twitterのフォロー、いいねもしていただけたら嬉しいです。(こちらのリンクから→https://twitter.com/intent/follow?screen_name=Glory621347931 )

次の記事は今日の夜か明日の午前に掲載予定です!

失礼します。