競馬が好きな管理人の予想日記

競馬予想や競馬ニュースに反応して気まぐれに記事を書きます。(予想の責任は一切負いません。ごめんなさいとは言うけれども)初心者なので、何言ってんだこいつ、と思うこともあると思います。もしそう言ったことがあればコメントをぜひお寄せください。YouTubeチャンネル→ https://www.youtube.com/channel/UCbRRRmaXeDmcTpusgYRCK4w

2020天皇賞(春)予想

おはようございます。

連続投稿です。

今回はとても悩みました。

なぜなら、フィエールマン除く13頭の取捨が難しい…

予想に入る前に私が過去を振り返ってみて見つけた、面白い傾向をご紹介します。

実はこのレース、同じ枠が続く着順になることがとても多いのです。

例えば…

2018年

1着2着…6枠 4着5着…1枠 6着7着…8枠 12着13着…5枠

2016年

5着6着…5枠 8着9着…3枠 15着16着…7枠

などなど…

しかも、両方人気薄ということもなく、人気馬を引き連れて下位に引き摺り下ろす人気薄もいます。

このことから私はまず二頭いる枠を全部一頭に絞りました。

そのあと、吟味して今回の予想をしました。

では発表します

 

私の本命は…

フィエールマン 

です。

これ以外はちょっと思いつきませんでした。

人気馬の中でも不安材料の少ない馬なので、当てに行くと言う面ではこの馬が最有力だと思います。

何しろ3000m以上では負けたことがないので、今回も安定しているとみました。

ただ、過去傾向を振り返っても、その年初のレースでここにきた馬は一頭も馬券に絡んでいないのが唯一の不安材料です。

 

続いて、私の対抗は…

ミッキースワロー

です。

このレースはジョッキーの手腕が光るレースですが、その点では横山ジョッキーなのでバッチリ。

日経賞を買ってきていると言うのも評価できる点です。

ただ、個人的にこの馬がG1級かと言われるとそうもいえない気がするのがこの馬の欠点です。

 

続いて、私の単穴は…

ダンビュライト

です。

この馬も今年初戦、さらには前走大敗している。選ぶ理由はなんなの?と言う人もいるかと思いますが、

私もこの馬が確実に来る、とは言い切れないですし、ビリでもおかしくないと思います。

ただ、もう他にいないのでここは一か八かで狙ってみることにしました。

ポイントは二つ

  1. 去勢して気性が大人しくなった
  2. 京都の重賞実績が豊富

1に関しては逃げると思われるこの馬にとっては引っかかりにくい分、評価ポイントです。

実際、騸馬のカレンミロティック2年連続馬券に絡みました。

一発狙うならこの馬です。

 

最後に私の大穴は…

メイショウテンゲン

です。

この馬の評価ポイントはなんと言ってもお母さん。

メイショウベルーガは京都実績豊富。

お母さんに似てきただけにここは大駆もあると思います。

また長距離重賞二走連続馬券圏内というのも評価できます。

 

一応、ここで予想は終わりですが、注目馬の評価もご紹介します。

モズベッロは確かに実績はありますが、斤量も有利な日経新春杯勝ち、と言う馬はあまり評価できませんし、そこから好走した馬もいません。内枠・池添Jというのは評価できますが初の3000m級というのがどう出るかがポイントです。

トーセンカンビーナはいきなり上がってきて阪神大賞典2着。これは評価できます。しかし、似た傾向の好走馬としてシュヴァルグランがあげられますが、この馬は阪神大賞典を勝っているのでこの馬とは少し違います。また、ほかの似たような傾向(明け4歳で上馬)は、結果を全く出せていません。これはモズベッロも同様です。この点から上記二頭は外しました。

ユーキャンスマイルは乗り替わりというのが評価できません。今までの重賞勝ちは全て岩田Jの手腕。テン乗りG1は危険と見ました。

キセキはもう全盛の頃の力がないのではと思い外しました。武豊J次第です。

ミライヘノツバサも前走はまぐれではないという見方もありますが、喩えそうでなくともここは厳しいと思いました。

 

以上が私の予想です。

最近は全然当たっていないのでそろそろ当たって欲しいです。

みなさんの予想もよかったら教えてください。

失礼します。