競馬が好きな管理人の予想日記

毎週重賞の全頭解説を更新中。日本で馬券が発売される海外競馬の予想も適時更新。最近の予想の基本軸は調教映像やレース映像から導き出す走法評価。その他展開予想も利用。管理人は二十未満なので馬券は俺プロで挑戦。年間回収率150%が夢。その他媒体はTwitterやInstagram(右下サイドバーからチェック)。YouTubeは今秋再開予定。 他の趣味は野球と乃木坂。

2022/9/25~神戸新聞杯(・オールカマー)予想~

こんにちは。

今日は神戸新聞杯オールカマーですね。

先週のローズSは2連勝のサリエラを軽視して見事に外しました。

セントライト記念でもガイアフォースを軽視して痛い目を見ました。

が、今日の神戸新聞杯にも似たような馬がいるので怖いです…笑

正直な話をするとこの馬も軸にはしない予定です。

オールカマーはデアリングタクトが筆頭かなとは思いますが、紐がなかなか難しいですね。

正直紐はパドックかなとも思っています。

 

タイトルには全頭解説と書いていませんが、消す馬は消す理由・印を打つ馬は打つ理由を軽く説明しようかなと思います。

走法分析済みの馬についてはその観点からも説明します。

 

パドック予想で復調気味なのでこの調子で上げていこうと思います。

それでは参ります。

 

                                  

 

神戸新聞杯

データ予想で散々なので、秋華賞菊花賞までお預けにします。

印を打つ馬

軸候補とそれ以外で紹介します。

軸候補

この3頭です。

基本的にはクラシックを走った馬にしようと思っています。

ジャスティンパレスは好きな馬ということもありますが、条件があっています。

左回りの広いコースが現状ベストに思えます。

ジャスティンパレスより後ろにいた馬たちが上位を占めていることを考えれば、位置取り次第ではもう少し走れた印象です。

鮫島騎手を信頼して軸を考えています。

プラダリアはジャスティンパレスよりも前の位置取りで進めたにも関わらず掲示板内とこの中で能力は抜けていると思います。

ただ、菊花賞に向けて賞金が足りていることを考えると、余裕のある仕上げで来るかもしれないと思っています。

大幅なプラス体重なら考えます。

アスクワイルドモアもダービー組。

Instagramを始めたての頃に走法評価で一発当てた時の馬です。

その舞台と同じ神戸新聞杯

そういった意味でもう一回走ってくることもあるかなと思います。

ただ、こちらも賞金が足りていますし、この間はペースが向いたということを考えると少し評価を下げざるを得ないかなと思います。

 

上記の馬すべてに言えることですが、マイナス体重なら問答無用で評価を下げます。

 

紐候補
  • ボルドグフーシュ
  • ヴェローナシチー
  • サトノヘリオス
  • レヴァンジル
  • パラレルヴィジョン
  • ビーアストニッシド

この6頭。

ボルドグフーシュは京都新聞杯で好走していますし、中京コースも馴れています。

陣営はデビュー時から菊花賞を睨んでいたようなので、仕上げて来ると見ています。

ヴェローナシチーは安定感が魅力。

着内を外したことがないという点で3連系を買うなら馬券内必須。

中京はエピファネイア産駒の庭です。

サトノヘリオスは正直そこまでかなという印象はありますが、エピファネイア産駒。

3連系を買うなら馬券内に入れておきたい馬です。

レヴァンジルは青葉賞1番人気。

この人気なら入れておきたいです。

パラレルヴィジョンは怖いので入れました。

経験の浅さを除けば良い馬だと思います。

ビーアストニッシドは前走距離が長かった。

短くなるここなら走ってきてもおかしくない。

鞍上も岩田騎手に戻ってどうか。

 

消し
  • リカンカブール
  • ミスターホワイト
  • ヤマニンゼスト
  • メイショウラナキラ
  • ジュンブロッサム
  • アイキャンドウイッ
  • サンセットクラウド
  • コントゥラット

リカンカブールは前走のレベルを考えても厳しいかなという印象。

ミスターホワイトは京都新聞杯の大敗が気になります。

ヤマニンゼストは減量騎手で勝ち上がってきた点がネック。

メイショウラナキラは使っても結果が出ず、イマイチどこを目指しているのかわからないので消し。

ジュンブロッサムは距離が持たないと思うので消し。

アイキャンドウイッは勝ちっぷりはいいものの、次戦で頭打ちになっている当たり実力はない印象。

サンセットクラウドは長距離が合い、菊花賞に出たい気持ちは大いにあると思うので仕上げてくると思います。ただ、中距離で勝負するには分が悪いと思います。

 

 

 

オールカマー

正直デアリングタクト1択です。

紐もソーヴァリアントはいれようかなと思っていますが、如何せん休み明けが多く状態がわからなすぎるのでパドックで後は決めます。

  • ジェラルディーナ
  • ウインキートス
  • クリスタルブラック
  • アドマイヤアルバ
  • バビット

この5頭は消す予定です。

 

 

あとがき

さて、いよいよ来週はスプリンターズSですね。

メイケイエールが筆頭ではありますが、正直大混戦と睨んでいます。

左回りに変えてからしか走っていないのが気になりますね。

ちょうど同じ時期に折り返し手綱に変えて良くなったので、正直どちらの効果であの強さになったのかはわかりません。

万一右回りがどうしてもダメということになると、難しくなる印象です。

調教での右回りの走りも見つつ考えようと思います。

またシュネルマイスターが参戦。

正直1200は無理かなと思うのですが、未知数すぎてわかりません。

他に有力馬もいないので全くの大混戦だと思っています。

考えがいがありますね笑

 

そして、その日の夜には凱旋門賞が行われます。

「ドウデュースはあれでは期待できない、タイトルホルダーがどこまで」という見方をする方もいるようですが、タイトルホルダーが欧州で走る保証もないので何とも言えないというのが自分の印象です。

ただ、タイトルは先行できるスピードと3200を逃げ切るスタミナがあるのが強みだと思いますから、先行逃げ切りを狙いたいところですね。

また、同じく逃げ馬のステイフーリッシュも出走しますから、完全な日本ペースで引っ張っていけば何か出てくるかもしれません。

 

何にせよ、期待できるメンバーが揃っていますし、絶対王者的な馬もいないのでチャンスだと思います。

チームJAPANでもぎ取ってほしいですね。

 

失礼します。

2022/9/19~セントライト記念予想~

こんにちは。

 

今日はあまり月曜日という感じがしませんね笑

競馬がやってる・野球がやってるというのが大きいかもしれません。

 

さて、昨日は全力で消したサリエラが来てハズレ。

パーソナルハイも早々にバテてしまいました。

マイナス体重はやはり何らかうまくいっていない部分が出たのかと思います。

 

今日はセントライト記念

こちらも少し例年に比べるとメンバーが弱めな分難しいですね。

ローシャムパーク・ガイアフォースといった評判馬の走りにも注目です。

 

それでは昨日同様、データで攻略していきたいと思います。

 

                                  

 

セントライト記念

注目データ

今回使用したデータは

・前走1勝クラスなら基本連勝
・ラジニチ着外なら56kg57kg
・前走小倉来ない
・連勝or中山経験必須

です。

 

①前走1勝クラスなら基本連勝

こちらは2013年のユールシンギングのみ例外ですが、この年は今年以上にレベルが低く、この馬が3番人気でした。

他の年は500万からくる馬は未勝利→500万のローテですし、ここ6年は前走500万(1勝クラス)の馬は来ていません。

基本前走1勝クラスの馬は割引きでよさそうです。

前走1勝クラスで現在連勝中でない馬はマテンロウスカイ・ガイアフォース・キングズパレスです。

ちなみに、1勝馬は過去20年で2頭しか来ていません。(トーセンシャナオ―・アドマイヤボス)。

そういった意味でサイモンバロンも消しです。

 

②ラジニチ着外なら56kg57kg

これはポジデータです。

昨年のアサマノイタズラやサトノクロニクルが該当します。

これは殆ど言い換えると「過去に重賞で好走経験がある」とも言えます。(重いハンデを背負わされるということはそれなりの実績があるということです。)

今年の該当馬はベジャールです。

人気も低く不気味な存在です。

 

③前走小倉来ない

単純に小倉からの転戦が少ないというのも理由の一つかもしれませんが、過去20年で前走小倉なのはただ1頭。

そのフサイチアウステルは小倉の1000万を勝っています。

小倉の500万を勝ってここで好走した馬は過去0です。

前走小倉の馬はマテンロウスカイ・ガイアフォースです。

 

④連勝経験or中山経験必須

こちらも殆どの馬が該当しています。

今回この条件をクリアしていないのはマテンロウスカイ・セイウンハーデス・ガイアフォース

ガイアフォースはデータ的にかなり逆風です。

 

 

予想

本命は…

アスクビクターモア

です。

一番堅実かなと思います。

実力は1枚上ですし、強敵となる馬もいないのでほぼ確実でしょう。

先行馬が多いのは気になりますが、皐月賞の競馬を見れば粘れるはずです。

 

対抗はオニャンコポン。

こちらも実力が1枚上手です。

なんだかんだ重賞を勝っているので、侮れないでしょう。

後ろから行く人気馬も少ないので、一気に交わし去る可能性も0ではありません。

 

単穴はラーグルフ。

こちらも先ほどの2頭同様クラシック出走馬。

数少ない3勝馬の1頭。

6番人気なら結構おいしいかなと思います。

中山での経験も豊富です。

 

他には

  • ショウナンマグマ
  • ベジャール
  • (ローシャムパーク)
  • (キングズパレス)
  • (ボーンディスウェイ)

ショウナンマグマとベジャールは重賞好走馬。

この人気はなさすぎと判断しました。

ベジャール稍重での好走も評価しました。

 

 

あとがき

緊迫した試合が続きます…

4点先制からの3点は心臓に来ます笑

ここは絶対に勝って、まばらにある試合はエース連発でぜひ2年連続してほしいです!

 

台風の影響はまだありますのでどうかお気を付けください。

 

失礼します。

 

2022/9/18~ローズS予想~

こんにちは。

 

現在、台風が日本列島に近づいて非常に危険な地域もあるようです。

今日明日明後日とお天気心配な状況が続きますのでどうかお気を付けください。

 

さて、今日はローズS。ですが…メンバーが弱めですね笑

雨が降らないだけまだましかなというところでしょうか笑

今日は全頭解説ではなく、3歳戦ならではの「データ予想」でやっていきたいと思います。

 

それでは、参ります。

 

                                  

 

ローズS

データ紹介

今回使用したデータはこちらです。

・前走未勝利は望み薄
・前走条件戦掲示板外は望み薄
・前走条件戦負けた馬、重賞出走経験欲しい。
・前走オークス1頭は来る
・重賞以外の3ヶ月以上休養明け来ない
・単独で出走回数が一番少ない馬来ない

阪神開催時の分も含まれているので、コース経験などのデータは省いています。また、距離も変わっているので経験距離などは度外視しました。

 

①前走未勝利は望み薄

前走未勝利でここを走ったのは10年でタガノエトワールただ1頭。

激走も0とは言えないですが、そこまで手を広げると全頭買わなくては行けなくなってしまいますのでここは消したいと思います。

今回の該当馬はミナモトフェイスです。

 

②前走条件戦掲示板外は望み薄

こちらも10年でカイザーバルただ1頭。

同じような理由で消しました。

今回の該当馬はベリーヴィーナスです。

 

③前走条件戦負けた馬、重賞出走経験欲しい。

こちらも過去10年でムジカ以外は条件戦を負けていても、過去に重賞出走経験がありました。

ムジカはどう拾うのかという話になるかもしれませんが、それは後々説明します。

今回重賞出走経験がなく、条件戦を負けた馬はセントカメリアです。

 

④前走オークス1頭は来る

これは単純かつ、今回は使いやすいデータ。

2003年以降毎年前走オークスを使った馬が絡んでいます。

今回の該当馬はパーソナルハイ・アートハウスです。

データ上ではこの2頭のどちらかは必ず来るということになります。

 

⑤重賞以外の3ヶ月以上休養明け来ない

こちらも分かりやすいデータ。

20年分振り返ると2頭例外がいますが、どちらも白百合S

準重賞に位置づけられるレベルの高いレースです。

1勝クラスを勝って3ヶ月明けで来るようなのは来ません。

今回の該当馬はブルトンクール・サリエラ・メモリーレゾン・ヴァンルーラーです。

この中から2頭は後で拾います。

 

⑥単独で出走回数が一番少ない馬来ない

これも簡単です。

このミソは"単独で"という部分。

2頭同じ回数のがいると当てはまらないです。なぜか。

20年ほどチェックしましたが、単独で出走回数が最小の馬は来ていませんでした。

今回の該当馬はサリエラです。

 

 

予想

本命は…

パーソナルハイ

です。

一番無難かなという馬です。

左回りは得意ですし、フローラSでの好走が大きいです。

流石に前走は距離が長かったか。

逃げ馬は多いですが、一番実績のある逃げ馬はこの馬ですから走ってくると思います。

 

対抗はアートハウス。

この中では一番スタミナがあるかなという印象。

勝鞍が阪神だけというのは若干気にはなりますが、能力は上位と見ています。

比較的きれいな馬場で勝負できるのはプラスかなと思います。

オークスデータに賭けたこの本命対抗です笑

 

単穴はラリュエル

重賞以外は無敗のこの馬。

マイル戦では勝負にならなかった分、中距離重賞ならというところ。

前走破ったエグランタインも完勝してこの舞台に。

破った相手も決して悪くなく、実力はありそう。

 

他には

  • ヒヅルジョウ
  • マイシンフォニー
  • ブルトンクール
  • (メモリーレゾン)
  • (エグランタイン)
  • (セントカメリア)

です。

ヒヅルジョウは前走完勝。

前に行く競馬を始めてから着は外していない。

先頭争いは厳しくなるかもしれないが、前目につければチャンスあり。

マイシンフォニーは前走ヒヅルジョウの2着。

重賞でも好走している馬。

今回流れるペースでは後ろから差しきりも可能。

ブルトンクールは消去馬ですが、「中京のエピファネイア」。

ムジカを持ってくるほどのエピファネイアですから、抑えておきたいです。

カッコ書きの3頭はパドックが悪ければ消し。悪くなければ抑えます。

 

サリエラは切れ味勝負が向いているような気がします。

今回スローで流れることはないと思うので、初めての競馬で慣れないかもしれません。

前走の競馬は見ごたえあるものでしたが、結果としては0.0差。

特別もてはやされるようなら消します。

 

 

あとがき

今週はビッグニュースが2つ入ってきました。

1つ目は糸井選手の引退。

まだやれると思っていましたが、全盛期に比べるとやはり少し翳りが見えてきたからでしょうか。

実は頂き物ではあるのですが、糸井選手のサインを持っている自分としては引退は残念です。

元からそうなのですが、一生の宝物にしたいと思います笑

何かの形でオリックスに関わって頂ければいいなと思っています。

 

そして、2つ目は能見投手兼投手コーチの引退。

実は野球を見始めたことは阪神ファンだったので、その頃エースとして投げていた能見投手は印象に残っています。

左のワインドアップ。左ピッチャーといえば能見投手というイメージでした。

鳥谷選手、新井選手、平野選手、マートン選手、メッセンジャー選手、ブラゼル選手…と同時期に活躍した選手は懐かしい選手ばかり。

皆さんが引退してしまっている中で最後までプレーされました。

阪神をお辞めになるときは残念でしたが、オリックスに来て下さったのはとても嬉しかったです。

ずっと贔屓に所属してくれているのは非常に自分得でした。

今後も投手コーチとしてご期待したいです。

 

さて、先週末ニエル賞が行われました。

まさかの4着…という感じでは正直ありませんでした。

司会の方や合田さんは「やはり素晴らしいですね」とおっしゃっていましたが、少しお世辞が入っているような気もしました笑

第一印象は「太っ!」という感じでした。

ボテッとしているというよりかは、横に太い感じでまるでホウオウアマゾンの様でした。

後の武さんの話でもダービーの頃から40kg増えていたという話もありましたので、ここは前哨ということだったのでしょう。

幸い疲労もあまりないようですから、凱旋門賞に向けて仕上がってくればと思います。

 

失礼します。

 

2022/9/11~京成杯AH全頭解説・セントウルS予想~

こんにちは。

 

昨日は諸事情で忙しくブログを更新できませんでした💦

ただ、紫苑Sの予想は完璧でした!

ただ儲け分は少なくなりました…笑

キャプテン渡辺さんの「バッチリ当たったら大勝ちしないとダメ」という言葉が沁みました…

 

さて、今日は東西2重賞。

難解なハンデ戦と2強のスプリント戦。

セントウルに関しては紐荒れを期待するくらいしかないような気がしますが、京成杯の方は大荒れを期待して買いたいですね。

 

それでは、早速参ります。

 

                                  

 

京成杯AH

全頭解説

ベレヌス

紐です。

坂はない方がいい。多少の馬場荒れなら。小回りも対応可。

中山はあんまり向かないような気がします。

57kgというハンデも重くのしかかります。

ただ、開幕週ということで前残りは十分で内枠も良い。

抑えてはおきたいです。

 

②コムストックロード

単穴。

坂はいい。道悪も行ける。広いコースの方がいいかも。

今回のコースはピッタリだと思います。

1600に若干不安はありますが、ペースもそこまで早くはないと見ているのでスタミナは持ちそうです。

51kgのハンデも良いでしょう。

 

③インテンスライト

紐。

坂はいい。多少の荒れ馬場でも。コースは問わない。

脚質的にも悪くない上、中山は得意そう。

ただ、休み明けよりかは叩いて良くなるタイプかも。

その点で少し割引き。

 

④シャーレイポピー

紐。

坂はいい。多少の荒れ馬場でも。

勝鞍が阪神に集中している部分は気になりますが、近走も良い競馬が続いています。

紫苑S4着の実績もあり、中山は向いていると思います。

 

⑤タガノディアマンテ

消し。

中山は得意な方ですが、こちらは長い距離が本業です。

上がりかかる勝負が得意ですが、今日はそうもならなさそうです。

無難に消し。

 

⑥ミスニューヨーク

単穴。

中山は得意な馬ですが、今回はペースが向かないか。

前走は中団に控えての競馬でしたが、ターコイズSは最後方一気。

マクッて来るだろうとは思いますが、届かないことも考えると軸にはしづらいです。

 

⑦ルークズネスト

場合によっては消し。

坂はよさそうですが、右回りが心配。

ただ、近走左回りで振るわないことを考えると右回り挑戦で一変の可能性はあります。

この人気なら買ってみてもいいと思います。

 

ダーリントンホール

対抗。

道悪はいい。ストライドは中くらい。坂はあっても無くても。

近走の着順とダービー卿を見る限りでは信頼度は高いです。

あのレースの内容自体はグラティアスの方が良かったですが、後方2頭が1.2着の中で良く粘った方だと思います。

トップハンデでないのなら狙いたいところ。

 

⑨シュリ

場合によっては消し。

坂はそこまで苦にしないように思えますが、前走は激遅ペースでの残り。

そういう中でのこの人気は少し過剰かなという印象。

調子がよほど良くない限りは消しです。

 

⑩ルフトシュトローム

消し。

中山は得意でしたが、もう厳しいと思います。

ただ去勢して変わり身が見られれば一考です。

 

⑪ファルコニア

本命です。

坂はそこまで得意とは思えませんが、こなせないことはなさそうです。

安定感は抜群なので軸には最適です。

 

⑫ミッキーブリランテ

ほぼ消し。

坂は対応可。飛びは大きくない。荒れ馬場はいい。

中山は得意なのでこの人気は少し落ちすぎかなと思います。

ただ重賞ではもう少し能力が足らないかもしれません。

 

⑬クリノプレミアム

消し。

良馬場がいい。坂はない方がいい。

ストライドは小さめで小回りの方がよさそう。

キケンな人気馬に挙げておきます。

小さいコースで実力を発揮する本馬。

中山外回りのターコイズSではイマイチな走り。

この人気なら思い切って消してみようと思います。

 

⑭レインボーフラッグ

消し。

流石に厳しいです。

 

 

セントウルS

本命は…

メイケイエール

です。

流石にここは堅そう。

重賞勝鞍のあるコースですし、条件も変わりません。

1頭強いのはいますが、位置取り的にもこちらが有利になりそう。

軸には最適です。

対抗はソングライン。

初の1200ですが、そこまで問題はないと見ています。

展開的に切れ味勝負になりそうなので、32秒台の脚を使えるのは魅力的。

左回りならヴィクトリアマイルを除いて全て馬券内。

こちらも軸に最適。

他には

  • タイセイアベニール
  • モントライゼ
  • ダディーズビビッド
  • チェアリングソング

上がりが使えそうな馬、左回りが良い馬をチョイス。

ファストフォースはパドック次第です。

 

 

あとがき

オリックス、昨日は快勝で今シーズン初の単独首位に立ちましたが…

今日は序盤から4点を取られました…

今日は勝ってほしい試合なんですが、相手が千賀投手だとそうもいかないですね。

何とか粘って粘って逆転を見出してほしいです。

 

さて、そして今日は夜にフォワ賞ニエル賞が行われます。

マイラプソディ、そしてドウデュースと頑張ってほしいですね。

個人的にマイラプソディは一時期ダービー候補とも呼ばれた馬ですから、何とか欧州で復活を期待したいと思っています。

ドウデュースも馬格が良く、緩めの芝も合うように思えますから果たしてどのくらい強いのか期待したいです。

 

秋の重賞戦線も熱を増してきて、有力馬がどんどん出てくる時期。

まずは今週口火を切りたいところです!

 

失礼します。