競馬が好きな管理人の予想日記

競馬予想や競馬ニュースに反応して気まぐれに記事を書きます。(予想の責任は一切負いません。ごめんなさいとは言うけれども)初心者なので、何言ってんだこいつ、と思うこともあると思います。もしそう言ったことがあればコメントをぜひお寄せください。今は好きな音楽紹介とかも予想記事の中に入れています。奇数回は乃木坂46さん、偶数回は90‘sを中心にJ-POPを紹介しています。YouTubeチャンネル→ https://www.youtube.com/channel/UCbRRRmaXeDmcTpusgYRCK4w

2021/10/17~日曜競馬重賞全頭解説~(秋華賞)

こんにちは。

今日はいよいよ牝馬三冠最終戦秋華賞ですね。

昨日は久しぶりに熱心に考えてました笑

何しろ、阪神2000mでの開催が初めてですから、データがないもんで予想がすごく難しいです。

また、メンバーもそろっていてその点でも非常に混戦です。

 

今回は非常に難しいので、まずは抑えるべきポイントやどういったところに注目すればよいのかを説明したのちに全頭解説の方に参りたいと思います。

 

それでは、早速参ります。

 

                                  

 

秋華賞のポイント

まず、何しろ京都と阪神ではコース形態が違います。

京都2000は比較的平坦なコースで、比較的ハイペースになりやすいです。

一方の阪神2000は大阪杯を例にとると、ハイペースという年はなく、比較的流れが落ち着いています。

その理由はコース形態にあると考えます。

阪神2000は、スタート直後にゴール板前の急坂を上ってレースに入っていきます。

そして、最後にもその坂を上る必要が出てきます。

この点から私は、中山コースとの相性を考えるべきではないかと考えます。

直線の長さは若干阪神が長いものの、最後に坂がある点では共通しています。

ですから、

  • 坂を苦にしないパワー
  • スローでも直線で追い込んでこられる差し脚

この辺を持った馬が当コースに適すと判断します。

 

この2点を踏まえたうえで全頭解説に参ります。

 

秋華賞全頭解説

①スルーセブンシーズ

早速中山巧者が出てきました。

今回の穴馬です。

基本的に阪神2000mは内枠有利なのでまずはその点で〇。

さらに、中山のコース形態的に今回合うと考えました。

もしかしたら、もう少し雨が降っていればもっと良かったかもしれませんが、紫苑Sの走りを見ていると良馬場でも勝負できるでしょう。

基本的に内枠はこの馬とソダシ以外は切ってよさそうです。

 

②ステラリア

消しです。

忘れな草賞を勝っていますが、このレースのレベルが結果的に低かったのと、休み明けという部分が割引です。

 

③クールキャット

消しです。

すべての勝利が東京。

前走の崩れ様を見ると厳しいのかなと思います。

また、中山でも好走できていません。

 

④ソダシ

安定感が一番あるのはこの馬かなと思います。

前走は2000mでも戦えることを示しました。

ただ、阪神の坂が入るとどうでしょう。

平坦な札幌、そして52→54kgへの斤量増加。

不安点がないわけではないため単に本命とはいかないでしょう。

 

エイシンヒテン

消しです。

 

前走は逃げ粘って権利獲得。

ただ、今回逃げ粘れる可能性は低いと思います。

前回は逃げ馬が少なかったですが、今回は先行馬も多いので難しいでしょう。

 

⑥スライリー

消しです。

レベルが足りないかなと思います。

特段コースが向いているわけでもないです。

 

⑦サルファーコスモス

消しです。

一体川田騎手はどの馬に乗っているのかと思ったらこの馬。

川田人気で若干人気が出ていますが、2000初挑戦は痛いです。

能力もそこまで高くありません。

 

エンスージアズム

消しです。

フラワーC2着の実力はありますが…

人気よりは走れるかと思いますが、着内となると厳しいでしょう。

 

⑨アンドヴァラナウト

今回の対抗。

前回は展開が向いた部分もありましたが勝利。

また、阪神でも勝利を挙げておりコース形態・距離共にクリアできるという印象。

ディープ産駒やナスルーラ系が走ってくるコースだけに評価は高いです。

初のG1という部分は若干ネック。

 

⑩アールドヴィーヴル

消しです。

前走は痛い敗戦。

桜花賞は5着なものの、離された5着。

東京コース、左回りでは好成績ですが、阪神はどう響くか。

入って掲示板だと考えています。

 

⑪ユーバーレーベン

個人的には過小評価されていると思います。

前走はじりじり伸びて勝利。

また、中山・阪神コースでも好走しています。

けが明けの復帰戦となりましたが、ゴールドシップのコース相性含め十分走ってくる可能性はあると感じます。

 

⑫アカイトリノムスメ

今回のキケンな人気馬。

消しです。

いずれの馬券内もすべて東京競馬場

直線が長く、最後は平坦なコース。

そこで伸びてきているなという印象があります。

そこで桜花賞を見てみると、最後の伸びはファインルージュと同じくらい。

坂で伸びるのは厳しいんじゃないかと思います。

ここは思い切ってけしました。

パドックが良ければ別ですけどね…

 

⑬ホウオウイクセル

今回の激走穴馬。

前走は痛い敗戦も、上がりタイムは最速。

フラワーCではオークス馬を下しています。

外枠よりなのは不利なのかもしれませんが、この馬の坂適正と上がりの速さを考えると、ペースが速くなれば最後追い込んでくる可能性もあります。

 

⑭ファインルージュ

本命はこの馬です。

前走は坂の手前から坂にかけて一気に駆け上がり、0.3差をつけて快勝。

距離の不安も払しょくされました。

また、桜花賞では坂を乗り越えてソダシの0.1差

逆転の可能性が十分あると見ました。

不安要素が外枠のみとメンバー中一番不安要素がないのがウリです。

 

⑮アナザーリリック

この馬も展開によっては来そうな馬。

前走は斤量の恩恵があるものの、快勝。

レースレベルも高かったと見ています。

スローの上がり勝負で中団内あたりにつけられれば、差し脚伸ばしやすいと感じます。

要注意です。

 

⑯ミスフィガロ

この馬も要注意。

デビュー前は注目されていましたが、案外。

しかし、前走は激走してG1に進んできました。

前走の内容を見ると、このコースもあっていると思います。

上がり馬の激走もあるでしょう。

 

予想総括

◎ファインルージュ

○アンドヴァラナウト

▲ソダシ

▲ユーバーレーベン

  • スルーセブンシーズ
  • アナザーリリック

ホウオウイクセル

ミスフィガロ

 

消アカイトリノムスメ

 

です。

 

あとがき

ただいま、オリックス戦が始まりましたが3者三振…

本拠地最終戦・栗山監督最終戦佑ちゃん引退試合ということで上沢も気合が入っているんでしょう…

頑張れ竹安!ここで差をつけるぞバファローズ!!

 

そろそろオジュウのレースも始まります。

楽しみというか、ドキドキというか…

どちらも目が離せません。

 

もちろん後で秋華賞パドック評価も上げます。

 

失礼します。

2021/10/16~土曜競馬重賞全頭解説~(府中牝馬S)

こんにちは。

 

先週はワクチンの副反応が出まして…

お休みさせていただきました。

ただ、日曜重賞に関しては予想をアップして、見事ダブル的中。

マカヒキも良く見えただけに、走ってくれて嬉しいです。

まだまだ頑張ってほしいですね。

 

さて、今週来週とクラシック戦線最後の1冠を争いますね。

まずは今週の秋華賞。そして来週は菊花賞

今週もなかなかに混戦ですが、来週はもっと混戦になりそうです。

なにしろ、G1馬0頭ですからね笑

 

さて、そして今週はついにオジュウチョウサンが帰ってきます。

賛否両論ある復帰戦になりますが、出走するからには応援します。

オジュウのレースを楽しみに5-6年生きてきましたからね笑

ただ、今回負けるようだともう引退してあげたほうがいいと感じます。

まずは無事に回りきってほしいです。

 

さて、今日は府中牝馬S。

こちらも秋のG1エリザベス女王杯に直結する重要なステップレース。

今回もなかなかのメンバーが揃いましたね。

最強女王クロノジェネシスやグランアレグリアはもちろん、今年はラヴズオンリーユーも米国遠征ですから、混戦になりそうです。

注目してみていきたいですね。

 

それでは、早速全頭解説に参りましょう。

 

 

府中牝馬S全頭解説

①フィリアプーラ

最初にしてさっそく大穴。

春頃から言っていることですが、東京で狙えるのはステイゴールド系と欧州系。

その中で今メンバー唯一父が欧州系なのがこの馬。

近走イマイチなところはありますが、良馬場の2000m未満では善戦していると思います。

久しぶりの府中ですが、一発に期待したいです。

 

②スマートリアン

重賞未勝利ながら、実力のある馬。

斤量増は気になる点ではありますが、同条件のスイートピーSでデゼルの2着と好走しているので期待できます。

パドックに注目です。

 

③ローザノワール

消しです。

芝替わり2戦目。

前走はタフな部分を見せることができましたが、今回はどうか。

切れ味勝負の東京芝でダート馬は厳しいと感じます。

 

アンドラステ

今回の注目馬。オルフェ産駒です。

前走は斤量増で大敗したものの、もう一度54kgに。

左回りは問題ないですし、良馬場で切れる脚も多少あり。

同条件のエプソムCで好走しているだけあり、このコースは問題ないでしょう。

 

⑤シゲルピンクダイヤ

今回怖い馬。

昨年は重馬場に泣いたのか大敗。

東京コースも着内がゼロ。

しかし、前々走のVMではグランアレグリアの5着。

今回1番人気のマジックキャッスルとも2クビ差です。

前走は思わぬ大敗でしたが、巻き返しなるか。

 

⑥リアアメリ

昨年の今頃、復調の片りんを見せましたが、また低迷期に。

しかしこの舞台は、アルテミスSを勝った東京競馬場

近走は55kgが続く中、久しぶりの54kg。

もしかすると復活してくるかもしれません。

 

⑦シャドウディーヴァ

東京では外せないこの馬。

昨年も2着に入り、近走も大崩れをしないこの馬。

左回りなら当然走ってくるでしょう。

 

⑧サトノダムぜル

基本的には消し。

しかし、パドックの気配次第で入りもあり。

左回りでは3勝を挙げていて、なおかつ全勝利が1800。

怖い存在ではあります。

 

⑨レッドベルディエス

消しです。

1800適正は評価できるものがありますが、レベル的に今一つという感じがします。

 

⑩ミスニューヨーク

今回非常に気になる馬。

1800で合計3勝。

左回りで実績はありませんが、安定感に身を任せ走ってくる可能性は十分あります。

 

⑪アブレイズ

今回の注目馬。

前々走は同コースで勝利。

前走は56kgに泣いた感じがありますが、今回は54kg。

 

⑫サンクティエール

基本的には消しです。

ただ、前々走復調を見ると、パドック次第では一考です。

 

⑬マジックキャッスル

本命でいいと思います。

大崩れしたのは桜花賞だけ。

特に今年は馬券外になっていません。

東京での走りも安定していますし、軸はこの馬でいいでしょう。

 

⑭マルターズディオサ

大好きな馬ですが、消しです。

左回りはてんでダメ。

パドックが良ければ一考ですが…

 

⑮ドアアトラエンテ

左回りは安定しているこの馬。

東京1800でも実績があります。

こちらも安定感があります。

 

アカイイト

1800で計二勝。

左回りもそれなりに安定感があります。

パドックの気配次第で一考。

 

⑰デゼル

こちらも有力馬の1頭。

メンバー唯一の55kgが気になりますが、実力で跳ね返せるか。

この舞台で計2勝しています。

 

セラピア

消しです。

全勝利が右回り。

近走の走りを見ても少し厳しいと感じます。

 

予想総括

◎マジックキャッスル

○デゼル

▲ドナアトラエンテ

アンドラステ

△シャドウディーヴァ

△シゲルピンクダイヤ

穴フィリアプーラ

穴アブレイズ

 

あとがき

頑張れバファローズ!!

 

2021/10/3~凱旋門賞全頭解説~

こんばんは。

 

ブログでの予想は良かったんですが…

今日はてんでダメでした。

凱旋門賞まで響かなければいいのですが…

 

さて、いよいよ次は凱旋門賞です。

今日はこのほかにもエントシャイデンが出走するフォレ賞や、イカットの出走するオペラ賞があります。

どちらも頑張ってほしいですね!

 

それでは、混戦の凱旋門賞、全頭解説していきます。

 

凱旋門賞全頭解説

今回は馬番順で解説します。

海外はゲート番と順番が違うのでレースを見るときは注意しましょう。

①トルカータータッソ

消しです。

前走のバーデン大賞の勝利は評価できますが、ドイツだけでの勝利はあまり評価できません。

また、バーデン大賞勝利後凱旋門賞を連勝した馬はデインドリーム以来いません。

初対戦の馬が多く、評価が難しいです。

 

②ディープボンド

頑張れ!というのが素直なコメントですが、普通にチャンスがあると思います。

フォワ賞も圧勝でしたし、無尽蔵のスタミナはこの舞台で生きると思います。

逃げ・先行という脚質も凱旋門賞にあっています。

期待しましょう。

 

③ブルーム

武豊騎手が騎乗する馬。

前走はディープボンドに続く2着。

重馬場のサンクルー大賞を勝利しているので、今回の若干重寄りの馬場でも対応できると思います。

ユタカマジックに注目か。

 

④タルナワ

ロンシャンのG1を2つ勝利している実力牝馬

前走は負けているものの、負けた相手はセントマークスバシリカ

60kgで奮闘したほうだと思います。

今回の斤量は58kg。

非常に怖い1頭になりそうです。

 

⑤ラブ 出走取消
⑥ラービアー

消しです。

クリスチャンがこっちに乗るというのが何とも悲しいですが…

実力的に厳しいと思います。

後ろから追い込める気はしません。

 

⑦クロノジェネシス

こちらも頑張れというのが素直な感想でしたが、外枠が痛いですね。

右回りは相性が良く、ミシュリフにも肉薄する実力を持ち、父は凱旋門賞馬で道悪も大丈夫となれば着内は十分獲ってきそうなんですが…

マーフィーの手腕に期待します。

 

⑧モジョスター

消しです。

前走はセントレジャー

ココからの馬は何十年も凱旋門を勝っていません。

加えて、1勝馬とくれば相手にならないでしょう。

 

⑨ベイビーライダー

消しです。

前哨戦も勝てないような馬は来ません。

パリ大賞でもハリケーンレーンから大きく離された5着。

厳しいでしょう。

 

⑩アダイヤー

神の馬以来の欧州三冠を狙う3歳馬。

2冠馬自体があまり出るものではありませんが、ラムタラ以後の挑戦馬は達成できていないだけに難しいことなのでしょう。

ただ、個人的にはチャンスがあると思います。

キングジョージで倒してきた馬もハイレベルですし、もちろん今回も斤量の優位はあります。

久々の3歳牡馬制覇となるか。

 

⑪ハリケーンレーン

今回のキケンな人気馬です。

先ほども申し上げた通り、セントレジャーからの馬はなかなか好走できていません。

それはやはり、3000mを走った後だからだと思います。

夏も長期の休養はなく走り続けてきました。

いくら斤量が優位とはいえ、さすがにそろそろバテどきではないでしょうか。

 

⑫シリウェイ

消しです。

今回2400は初めて。

休み明けでもありますし、手は出しづらいです。

 

⑬アレンカー

消しです。

こちらも3歳牡馬。

斤量の優位はありますが、ハリケーンレーンともレベルが離れており、ラブに先着したとは言え厳しいでしょう。

 

⑭バブルギフト

消しです。

ニエル賞勝ち馬には注意と言いますが、過去ニエル賞を勝って凱旋門を善戦した馬はほとんどG1馬でした。

対してこのバブルギフトはG1では善戦すら厳しいです。

前走のレベルは低かったと言わざるを得ないです。

 

⑮スノーフォール

復活なるか。

前回は初のロンシャンでまさかの敗戦。

展開のアヤとも評されましたがどうか。

毎月のようにレースに出ており、その多くが中長距離なのでこちらもバテどきか。

ただ、日本馬にとっては強敵です。

 

予想総括

◎クロノジェネシス

◎ディープボンド

はもちろんなんですが…

一応海外勢のみで評価すると、

◎タルナワ

〇アダイヤー

▲スノーフォール

△1ハリケーンレーン

△2ブルーム

と言った感じです。

上位人気7頭にはなりますが、参考にしていただければと思います。

 

あとがき

これを出すころには22:30になっているでしょうから、せわしくなっていそうです。

オリックス快勝の話などする暇はないですかね笑(もはや日常茶飯事ですから…笑)

個人的には7頭立てと見て、雰囲気など確かめられれば確かめてTwitterに乗せたいと思います。

 

昨年は日本馬ではディアドラのみの出走にとどまり寂しくなりました。

今年は2頭、そしてどちらも実力的に期待のできる馬なので非常に楽しみです。

日本馬の夢を達成してほしいですね。

また、ディープインパクトの血を継ぐスノーフォールとディープインパクトの主戦武豊が対決するというこちらもロマンがありますね。

 

日本馬の夢か、ディープの夢か、ユタカの"夢"か、はたまた地元馬の意地か。

100回目にふさわしいレースになりそうです。

 

失礼します。

2021/10/3~日曜競馬重賞全頭解説~(スプリンターズS)

 こんにちは。

 

今日はいよいよスプリンターズSですが…

正尚の故障のニュースで朝からテン下げです…

公式(監督のコメント等)が来るまで詳しい事情は分かりませんが…

手首となるとラベロのこともありますし、今年の復帰は厳しいのでしょうか。

望みは軽傷であり、CS・日本シリーズあたりに戻ってくることですが…

(追伸

執筆中に公式が出ました…

オフシーズンの最後の最後にギリ間に合うかどうかです。

今年度はあきらめるしかないでしょうか…)

 

まあ、そう落ち込んでいてもしょうがないので正尚抜きでも善戦できるラインナップに、強いところを見せてもらいましょう!

 

さて、今日はダブルG1!

まずは、スプリンターズSですね。

ヨカヨカの故障回避などもありましたが、現段階でほぼフルと言えるメンバーが集いましたね。

個人的には非常に混戦になると見込んでいます。

ですので、全頭解説でじっくり考察していこうと思います。

 

それでは、参ります。

 

                                  

 

スプリンターズS全頭解説

①シヴァージ

早速今回注目の穴馬。

今回予想するにあたって全馬の前走パドックと前走レースを見返し評価しました。

シヴァージは前走出遅れ。

後方から早めに位置を上げただけに最後は足が上がってしまい、思い通りのレースが出来なかったように感じます。

また、パドックも太目に映って良くありませんでした。

ですので、今回良い仕上げ&好スタートであれば上位に食い込む可能性も秘めています。

休み明けでも大外しはしないタイプで、展開が速くなれば後ろからの巻き返しも期待できます。

また、父がストームバード系で母父が米国ナスルーラ系というのも相性がいいです。

懸念点はスタートと最内枠でしょうか。

 

②ミッキーブリランテ

消し濃厚です。

前走はしっかりスタートも出て自分の思い通りのレースができたと思います。

そこで10着というのは少しいただけません。(0.4差ではありますが…)

1枠というのも評価できないため、来る確率はかなり低いと思います。

 

③ラヴィングアンサー

展開が早くなればワンチャン。

前走はパドックは7,8割の出来でしたが、ハイペースすぎて最後方付近は届かないようなレースになりました。

今回中山ですから、同じようになるケースも考えられますし、よほどパドックが良くない限りは消しかなと思います。

 

④ピクシーナイト

1200では善戦続き。

優勝候補だと思います。

前走はパドックはそれなりの出来で、最後の方は自分のレースができたと思います。

G1馬を首まで迫れたのは高評価です。

さらに仕上がってくれば本命に据えても良いと思います。

 

⑤ファストフォース

近走は善戦。

しかし、小倉のみというとこが疑問です。

前走はパドックは普通でしたが、自分のレースが出来て残れた感じ。

前走と同等くらいのペースが予想されるので、レベルが上がると少し厳しいかもしれません。

 

⑥メイケイエール

ここまで、前走実力を出し切れたかを考えてきましたが、この馬に関しては今回も実力を出せるのか。そもそも現役生活の中でこれ以後本領を発揮できるのか疑問です。

かかり癖が治れば少々チャンスはあるでしょうが、あれが治らない間は厳しいと思います。

かかって、行かせて残れるならまだしも、最後は足が上がってしまいます。

ゲートが開いてみないとわからないので、本音はパドックで切りたいです。

 

⑦タイセイビジョン

前走は上がり2位で追込み、7着。

仕上げは良かったものの、自分の実力を出せずに終わってしまいました。

今回展開は極端にはならないと思うので、前走よりは実力を出し切れるかもしれませんが、パドックで更なる上澄みがないと厳しそう。

 

⑧ビアンフェ

爆走穴馬候補2頭目

前走はパドックで太目感が残るも、それなりに自分のレースが出来て勝利。

昨年はゲートを渋り2秒差の大敗でしたが、オーシャンSでは好走していますし、万一前残りがあればこの馬も残ってきそうです。

パドックでの仕上がりに注目です。

 

⑨クリノガウディー

今年は復調して好調な馬。

前走は思い通りのレースをすることができたと思います。

前走の馬体は前哨戦仕上げだったと思うので、今回仕上がってくれば十分勝ち負けになりそうです。

 

⑩エイティーンガール

前走の仕上がりは完璧だったと思います。

前走の仕上がりを超え、さらに展開も向けばいいですが…

前走があれだと今回は厳しそうです。

 

⑪ジャンダルム

前走は大出遅れ。

それでも最後は巻き返しました。

パドックも五分の仕上がりで、今回ゲート出てかつ仕上げが良ければ母子制覇も夢ではなさそうです。

中山も相性は悪くないと思います。

 

⑫レシステンシア

今回のキケンな人気馬。

前走の仕上げは個人的には完璧。

春からの上澄みもあって、馬体も引き締まっていました。

また、若干ペースはきつくなりましたが、しっかりレースを運べた印象。

今回もハイペースが予想されますし、更なる上澄みがないと勝つのは難しいと踏んでいます。

初の中山も懸念点。

 

⑬アウィルアウェイ

こちらも今回巻き返しが期待できる馬。

前走は若干出遅れ。

後方のまま終わってしまいました。

仕上がりも良いとは言えず、ここはきつかったと思います。

前走がこうだっただけに、今回仕上がりが良ければ上位進出も可能。

 

⑭ダノンスマッシュ

本命筆頭候補。

国内の前走は展開が向いて、道悪と言えど自分の実力が発揮できたと思います。

また、昨年の2着馬でもあるので期待します。

仕上がりが良ければ本命でしょう。

 

⑮ロードアクア

消しです。

レベル的に厳しいです。

 

⑯モズスーパーフレア

今回期待している中穴。

8枠では全連対のこの馬。

外からすっと逃げれれば…

ただ、昨年のようにハイペースになると厳しいかもしれないです。

前走は馬場が悪いところを通りましたが、自分の競馬はできたと思います。

復調の兆しと信じて、状態が良ければ一考です。

 

予想総括

現時点での印。

 

◎ダノンスマッシュ

〇ピクシーナイト

▲レシステンシア

△ジャンダルム

穴シヴァージ

穴ビアンフェ

穴アウィルアウェイ

 

です。

 

あとがき

ここで調子に乗ったオリックスコメントを出すと、フラグになるので止めます。

今日も頑張ってください。

 

さて、夜にはいよいよ凱旋門賞

先だって夕方あたりには凱旋門賞の全頭解説を出せればと思います。

いろいろ考えていますが、難しいですね。

簡単に切れる馬もいますが、上位8頭くらいは何が勝つのか全くわかりません。

また、パドックも見れるかわからないので難しいです。

何とか当てたいですが…笑

 

スプリンターズSは結構熱心に研究しました。

良い結果を期待しています!

 

それでは、失礼します。